ミントはり灸院・小さな炎症が原因で生理不順になる

神戸の鍼灸「ミントはり灸院」のサイトを初めてご覧になる方へ

2014年4月24日

小さな炎症が原因で生理不順になる

カテゴリ: 生理痛・PMS・生理不順

耳と自律神経の鍼灸治療
神戸・灘区・東灘区の鍼灸院「ミントはり灸院」森本です。
アクセス | メールで予約 | 電話をかける

● 小さな炎症が原因で生理不順になる。

生理不順はいけません!

生理は子宮の環境をクリーンに保つために必要な生理現象です。

それが30日よりも長くなってしまうということは、子宮内膜がばい菌やゴミなどによって炎症が広がるなどのトラブルを起こす可能性が高くなるということ。

長期間における生理不順は身体に様々な症状となって現れます。

・下半身のむくみ、冷え
・腰痛
・生理痛
・不妊

とくに不妊の原因には確実になります。

では、なぜ生理周期が乱れてしまうのか。主に2つの原因が考えられます。1つは排卵が遅いということと、もう1つは自律神経の働きが乱れているということ。

日頃生活をする中で自律神経の乱れを感じることは少ないと思います。では、どんな時に生理が遅れるような身体や自律神経へのインパクトが考えらえるかというと。

こんな患者さんの例があります。

その方は、順調に生理がくる方でした。ある連休に実家に帰っていて、飛行機に乗っている時に急に耳が痛くなったそうです。「中耳炎」でした。痛みは1週間ほどで治り、状態も2週間程で完治しました。

ですが、生理周期は見事に乱れ、2周期は40日を超えてしまったのです。

中耳は咽と耳をつなぐ耳管を含めても3~4センチ程度の小さな器官です。そこが炎症を起こしただけでも、生理不順となってしまいました。

顔周りの炎症は自律神経へのインパクトが大きいことや、咽の炎症もあったと予想されるので、「小さな」とは言い切れませんが、全治2週間程度の「中耳炎」が生理不順を起こした事には間違いありません。

よくある、「鼻炎」「咽のイガイガ」「腸炎」「胃炎」だけでなく、日頃感じることの少ない内臓にある炎症についても生理不順の原因となります。

生理不順についての認識も高まって来て、低用量ピルの活用も進んでいます。

決して悪い事とは思いません、薬の力を使ってでも生理周期を作ることは必要です。ですが、身体にある「小さな炎症」が原因である限り、自力で起こすには治療しなければなりません。

ミントはり灸院 予約制
◆診療時間 平日:9時~20時
      土日祝日:9時~17時 不定休
◆場所 兵庫県神戸市灘区森後町2-1-9-7F

〇内臓からの治療が選ばれる理由
〇メニュー・料金表
〇プロフィール
〇アクセス

〇患者様の声

※当日のご予約もできます。
メールで予約 (24時間OK)
078-857-8561
(治療中でお電話をとるのに時間がかかる場合がありますが、しばらくコールしてください。)

関連する記事