神戸市の鍼灸院、ミントはり灸院が鍼灸における症状の考え方や施術内容などを書いています。

月経前症候群,PMS専門 薬しかない状態に不安を感じるなら当院へご相談ください

こんなお悩みをお持ちの方へ

  • 腹痛や下腹部痛が立てないほどつらい。
  • 生理前から頭痛や腰痛などの身体の痛みも強く感じる。
  • 情緒不安定になって、感情のコントロールができない。
  • 生理周期が安定せず、将来を考えると不安になる。
  • 病院ではストレスだと言われて、打つ手が無い。
  • 鍼灸が良いと思っているが、どこに行けば良いかわからない。

仕事や人間関係に影響がでるほどのPMS(月経前症候群)であっても
当院の鍼灸ならできることがあります。

院長 森本 賢司

当院ではPMSの原因を自律神経の乱れによる内臓機能の低下によって起きていると考えています。

生理はそれまでの身体の状態を表しています、体調が悪い時期が続くと子宮環境が悪くなりその結果、生理痛や生理不順となります。PMSは生理前後における子宮からの不快感によって、自律神経が乱れてしまう症状です。

当院のPMS全身鍼灸では、子宮の環境改善に自律神経の正常化を同時に進めていきます。生理時の身体的な不調を一つ一つ改善されていきます。すると脳の余裕が生まれますので、精神的な余裕も生まれてきて感情面の安定に繋がります。

ミントはり灸院3っつの特徴 医師や専門家からも推薦を頂いています 医師や専門家からも推薦を頂いています

当院の特徴

体の構造や自律神経の影響を踏まえて本当の原因を判断します。

当院では、PMS(月経前症候群)生理痛、生理不順等でお悩みの方へ専門的な鍼灸でお応えしています。

症状が発生しない身体をつくることが目標です。

丁寧な触診をしていくと、隠れている不調、自覚していない不調、わかっているけど関係ないと思っている不調を見つけることができます。

そこから、体の構造や自律神経の影響を踏まえて本当の原因を判断します。

症状が発生しない身体をつくることが目標です。

子宮環境の回復をしていくとともに、自律神経の安定でPMS(月経前症候群)を発生しない身体をつくることが目標です。

予防対策&早期回復として、ご自身で対処できるお灸&ローラー鍼を使ったケアを指導させていただいています。

PMS(生理前症候群)で悩んでいた患者さんの症例

症例1 PMSの吐き気と生理痛に悩む20代 女性

  • 画像
  • 内臓の反応は子宮、胃、肝臓に検出された。顔の触診を鼻、耳、咽に反応があり、治療ポイントとなった。特に反応が顕著だった胃と子宮には寸3-1で切皮。お灸、ローラー鍼と反応に変化があるまで刺激を加えた。顔周りは患者が「緊張する」と話していたこと、…

    続きを読む

PMS(生理前症候群)を改善し悩みから卒業された患者さんの声

薬を飲む回数が減り、痛みがマシになった

  • 20代 女性 T様
    神戸市

  • 【~来院される前、どのような症状がありましたか?~】PMS、ひどい生理痛 【~通院して鍼灸治療を受けてどのような改善がありましたか?~】薬を飲む回数が減り、痛みがマシになった。根本的なケアなの……

    続きを読む

前向きに治療してみようと思うきっかけになりました

  • 30代 女性 M様
    神戸市

  •  【~来院される前、どのような症状がありましたか?~】 ・胃腸の不調 (日常的に下痢の症状、胃の不快感)  ・排卵日前後、生理日前後の不調  ・手のガングリオンによる痛み&……

    続きを読む

生理痛やPMSの症状で通っています

  • 30代女性 K 様
    神戸市

  • 院長先生、まどの先生にいつもお世話になっております。 生理痛やPMSに伴う諸症状(頭痛、腰痛、イライラ、肩こり)が本当に酷く、 悩んでいました。 婦人科を転々とするも症状が改善す……

    続きを読む

自律神経の乱れやPMSに困っていました

  • 40代女性  I 様
    神戸市灘区

  • 自律神経の乱れやPMSに困っていましたが、 初期の見立てより長くかかっていますが、 徐々に良くなっているのがわかります。 ローラーを自分でするようになってから より……

    続きを読む

PMS(月経前症候群)はなぜ起こる?

生理の最中は粘膜の脱落から始まって、ホルモンバランスの変化などが起こります。
これは、子宮から脳への情報量が多い事を意味します。

脳への情報は脊髄を介して伝わっていきますが、腰や下腹部も神経路を共有して使っています。 これによって、小さな情報が大きく伝わってしまう事があります。

それが、全身の不快感の原因なのです。
脳への全身からの情報は脳内の神経伝達へも影響を与えます。

頻繁に伝達が行われることで、一過性の伝達物質不足になりその結果、
精神症状(うつ)を起こしてしまいます。

PMS(月経前症候群)の改善ポイントは全身を診る

PMS(月経前症候群)を防ぐには脳への情報量を少なくする必要があります。

それは、正常な生理が行われる事と子宮以外の部分の状態を整えておく事の2つがポイントとなります。

生理は内膜が厚くなるほど、生理時のストレスが減ります。

内膜は子宮内部の清潔な環境と自律神経の安定が必要となってきますので、
免疫力や全身管理が大切となってきます。

効果のある当院の鍼灸

生理痛と同じ考えになります。

子宮内膜を強く健康に作り上げることが痛みの改善になり、情報量を少なくする事ができますので、下腹部のツボへの鍼やお灸の刺激は神経のつながりによって子宮粘膜の血流を改善し、環境を整えていきます。

自律神経の乱れは外部からのストレスだけでなく、内臓の ストレスからの影響も大きく、当院では顔を含めた全身のケアをすることで、安定した身体の周期を作っていきます。

内臓だけでなく筋肉の緊張も改善のポイントです、肩こりや腰痛、頭痛で悩んでいませんか、併せて施術して、生理時の不快感を無くす事ができます。

毎月の憂鬱は防ぐ事ができる。

PMS(月経前症候群)は防ぐ事のできる症状です。

生理が近付くにつれて、憂鬱になったり 予定を変更したり、薬でごまかしたり。

大きな負担となっていませんか?
痛みや辛さは身体からのサインです。我慢せず身体のために施術を開始しましょう。

当院の生理痛の鍼灸とは

原因を改善して、症状が発生しない身体をつくることが目標です。

丁寧な触診をしていくと、隠れている不調、自覚していない不調、わかっているけど関係ないと思っている不調を見つけることができます。

そこから、体の構造や自律神経の影響を踏まえて本当の原因を判断します。

当院の月経前症候群,PMS施術の流れ

下腹部まわりを触診し、子宮と関係の深い反応点(ツボ)をさぐります。細いはりで刺激し、子宮環境を整えます。

腹部の触診を行い、温灸などで内臓の機能を高めます。自律神経系への負担を減らすことにより生理の正しリズムを作ります。

生理時に起こる随伴症状の手当てをします。むくみや冷え、
腰痛などの対策が考えられます。

子宮のまわりの反応点をローラー鍼で丁寧に刺激します。

日頃のストレスや疲れなどにより硬くなった背中や肩のコリに
ついても取り除いて身体を楽にします。

月経前症候群,PMS施術の特徴

子宮環境の回復をしていくとともに、自律神経の安定で症状が発生しない身体をつくることが目標です。

予防対策&早期回復として、ご自身で対処できるお灸&
ローラー鍼を使ったケアを指導させていただいています。

効果を実感できる3つの特徴

じっくりカウンセリング、しっかり説明

身体について不安な事、鍼灸についてわからないこと、聞きたいことはいっぱいあるのに…
時間がなかったりと気を使ってしまい聞けない事があります。
当院ではカウンセリングの時間を準備していますので、何でもご相談できます。
さらに、症状の事やこれからの施術についてご理解頂けるまで、 簡単な言葉でしっかり説明します。
二人三脚で施術を作っていきたいと思っています。

小さな刺激で体を変化させる

鍼やお灸の刺激は小さくても身体はしっかりと良い方向に変化します。
施術がストレスにならないように「小さな刺激で最大の効果」を第一に考えていますので ご安心ください。

不調を身体全体で診る

悪い所だけを診ていては結果は今までと変わりません。身体は自律神経や筋膜などにより、
関係ないと思われる所に原因があることがあります。
頭のてっぺんから足の先まで全体を診て施術を組み立てていきますので、他とは違う結果が期待できます。

  • 2014/04/24

    小さな炎症が原因で生理不順になる

    耳と自律神経の鍼灸治療神戸・灘区・東灘区の鍼灸院「ミントはり灸院」森本です。アクセス|メールで予約|電話をかける●小さな炎症が原因で生理不順になる。生理不順はいけません!生理は子宮の環境をクリーンに保……続きを見る>>

※土曜日の診療時間は9時から17時まで
※祝日の診療時間は9時から13時まで
※日曜日は休診日
※受付時間は診療時間の1時間前までとなっております。