神戸市の鍼灸院、ミントはり灸院が鍼灸における症状の考え方や施術内容などを書いています。

脊柱管狭窄症専門 手術以外の方法をお探しなら当院へご相談ください

こんなお悩みをお持ちの方へ

  • 椎間板ヘルニア,脊柱管狭窄症と診断された、
    手術はしたくない。
  • 同じ姿勢が続くと痛みが強くなる。
  • ぎっくり腰になってしまった。過去に経験がある。
  • 痛みが強い時は眠れなくなる。
  • 慢性腰痛である、
    病院や整体・マッサージに行ってもよくならない。
  • 痛みの無い生活を送りたい。
  • 鍼灸が良いと思っているが、
    どこに行けば良いかわからない。

途中で歩けなくなる脊柱管狭窄症であっても、当院の鍼灸ならできることがあります。

院長 森本 賢司

当院では脊柱管狭窄症の原因を腹部の内臓機能(胃、大腸、膀胱)の炎症によって起こっていると考えています。

腰痛の原因がヘルニアや神経の圧迫ではありません、ほとんどが筋肉や筋膜の痙攣、ひきつれで起こっています。

当院では、腰痛の痛みを筋肉の緊張から、そして痛みが起こる原因を内臓機能の低下が大きな理由になっていると考えています。筋肉は回復力が強く本来であれば、痛みが起きても2,3日で無くなります。ですが、内臓が疲れていると腰やお尻の筋肉の回復力が低下して、疲労が溜まっていくわけです。

当院の腰痛全身鍼灸では、内臓機能の正常化と筋肉の緊張緩和を同時に進めていきます。筋肉の回復力が元に戻れば、腰痛や脱力感の無い生活も可能です。

ミントはり灸院3っつの特徴 医師や専門家からも推薦を頂いています 医師や専門家からも推薦を頂いています

当院の特徴

体の構造や自律神経の影響を踏まえて本当の原因を判断します。

当院では、脊柱管狭窄症でお悩みの方へ専門的な鍼灸でお応えしています。あなたの原因にあった施術を神経学をベースに行っています。

症状が発生しない身体をつくることが目標です。

根本治癒を目指すためにも、お腹の調子は正常な状態に近付けておく必要があります。
そこで、お腹のコンディショニングにおへその周辺に温灸をしっかりと行います。

心地よい温かさがお腹の調子を正常に近付け、ムダな筋肉の緊張を予防します。

お家でのセルフメンテナンス方法を指導させていただいています。

胃腸、生殖器の回復をしていくとともに、腰や臀部の筋肉の回復力を取り戻し自律神経の安定でコリが発生しない身体をつくることが目標です。

予防対策&早期回復として、ご自身で対処できるお灸&ローラー鍼を使ったケアを指導します。

何をするにも障害となる腰痛、何とかしたいですね

腰の周辺を中心とするダルさや痛みなどは、普段の何気ない動作に影響を与えストレスを感じさせるものです。
立ったり座ったり、あるいは歩いていたり…。

何か動作をしようとしたときのズキンとする痛みや、ダル重さが徐々に辛くなり痛みとなってしまったもの。

ときには何もしていなくても、ジクジク・ズキズキ。横に寝ることで落ち着いていたものが、ひどくなるとそれさえも苦痛になってしまいます。

こうなるとお仕事はもちろん、勉強や家事、健康管理のためのスポーツさえ満足にできなくなってしまいます。

痛みの原因は?お腹の調子が
ポイントです

痛みになる原因の多くは、腰の周りにある筋肉の緊張です。これには運動や姿勢の問題が影響しています。
さらに筋肉の緊張にはお腹の調子が関係しているのです。

お腹の不調は脊髄反射により、腰やオシリの筋肉を緊張させ固くします。
女性の生理時における腰痛も、このようなつながりがあるために引き起こされてしまいます。

筋肉と内臓の両方にアプローチしていくことが大切ですね。

便秘や下痢、頻尿などの原因となる腸や膀胱の不調。
あるいは前立腺、卵 巣や子宮など生殖器の不調は、腰痛の始まりなのです。

痛みの原因は?下半身の筋肉が
ポイントです

膝周辺の痛み、やはりここにも筋肉の緊張が関係しています。
脚の筋肉は腰やオシリの筋肉の下に潜り込むような形で走行しています。

腰やオシリ の筋肉が緊張すると、結果的にその下にある脚の筋肉まで圧迫したり、引っ張ったりする形になるんですね。

そのため、腰痛の程度がひどくなってしまうと
太ももの裏や膝周辺、足首から先など脚全体にまで影響が出てしまいます。

鍼灸施術で根本治癒を目指し、外と内のバランスを

緊張している腰周辺の筋肉を鍼灸による刺激療法でゆるめれば、ツラさは緩和されていきます。

しかし、施術後しばらく経った時にまたツラさを繰り返すことがあるのですが、ここにはお腹の症状が影響しているのです。

もちろん、日常の生活においても筋肉に負担はかかりますので、全てがお腹 の調子が原因とは限りません。

しかし、痛みを感じている部分の負担軽減や再発の予防、根本治癒を目指すためにも、お腹の調子は正常な状態に近付けておく必要があります。

そこで、お腹のコンディショニングにおへその周辺に温灸をしっかりと行います。

心地よい温かさがお腹の調子を正常に近付け、ムダな筋肉の緊張を予防します。

筋力のバランスだけを整えても不十分。

筋肉を適度にゆるめ、さらに内臓の状態を改善していけば、本当のツラさから逃れることができるのです。

お家でのセルフメンテナンス

私たちが行う施術と、皆さんが自宅に戻ってから行うセルフメンテナンスをプラスすれば効果はさらに高まります。

コツコツと温灸やローラー鍼を下腹部に施していけば、ご自身の健康レベル向上にもつながります。

日常での積み重ねが大切なんですね。

当院の脊柱管狭窄症の鍼灸とは

原因を改善して、症状が発生しない身体をつくることが目標です。

丁寧な触診をしていくと、隠れている不調、自覚していない不調、わかっているけど関係ないと思っている不調を見つけることができます。

そこから、体の構造や自律神経の影響を踏まえて本当の原因を判断します。

当院の脊柱管狭窄症施術の流れ

腹部まわりを触診し、胃腸、生殖器と関係の深い反応点
(ツボ)をさぐります。
細いはりで刺激し腰の筋肉を硬くする原因をとります。

さらに温灸などで内臓の機能を高めます。
自律神経系への負担を減らすことにより筋肉の緊張を減らします。

原因となる内臓の個所ついてはしっかりとローラー鍼で丁寧に
刺激します。

患部となる腰の筋肉や臀部の筋肉についても緊張とコリを
取り除いて痛みを楽にします。

脊柱管狭窄症施術の特徴

胃腸、生殖器の回復をしていくとともに、腰や臀部の筋肉の回復力を取り戻し自律神経の安定でコリが発生しない身体をつくることが目標です。

予防対策&早期回復として、ご自身で対処できるお灸&ローラー鍼を
使ったケアを指導します。

効果を実感できる3つの特徴

じっくりカウンセリング、しっかり説明

身体について不安な事、鍼灸についてわからないこと、聞きたいことはいっぱいあるのに…
時間がなかったりと気を使ってしまい聞けない事があります。
当院ではカウンセリングの時間を準備していますので、何でもご相談できます。
さらに、症状の事やこれからの施術についてご理解頂けるまで、 簡単な言葉でしっかり説明します。
二人三脚で施術を作っていきたいと思っています。

小さな刺激で体を変化させる

鍼やお灸の刺激は小さくても身体はしっかりと良い方向に変化します。
施術がストレスにならないように「小さな刺激で最大の効果」を第一に考えていますので ご安心ください。

不調を身体全体で診る

悪い所だけを診ていては結果は今までと変わりません。身体は自律神経や筋膜などにより、
関係ないと思われる所に原因があることがあります。
頭のてっぺんから足の先まで全体を診て施術を組み立てていきますので、他とは違う結果が期待できます。

※土曜日の診療時間は9時から17時まで
※祝日の診療時間は9時から13時まで
※日曜日は休診日
※受付時間は診療時間の1時間前までとなっております。