ミントはり灸院・怪我の跡が痛みの原因

神戸の鍼灸院「ミントはり灸院」をご存じない方は、
まず以下をご確認くださいませ。

2010年6月28日

怪我の跡が痛みの原因

カテゴリ: 痛み

7階なのに?
7階だから?
最近の雨のせいで院内がジメジメします
何か良い湿気対策はないか。考え中…
無料で出来る方法があれば教えて下さい。
一生に一度くらは大きな怪我をした事があると思います。
その怪我の跡がしびれや痛みを起こす原因になる場合があります。
怪我は皮膚を傷つけます。ひどくなると裂傷といって下の層までえぐれてしまう事も
傷は時間の経過と共に回復していきますが。
回復の過程で、皮膚にかさぶたができます。
かさぶたの下では、血液のいろんな成分がバイキンを退治したり。
組織を修復したりします。この状態の時は血液が怪我した所に集まっているので
維持的に赤みを帯びた腫れを起こします。これが炎症です。
かさぶたが取れるとともに怪我の回復は終了しますが。
ひどい場合は、元の皮膚の状態にはなりません。
(病院で治療すれば元の状態に戻るそうです。)
この時、皮下は炎症のときに発生した液体によって
今までとは構造が変わってしまいます。
液体が糊のような役割をして、筋肉と皮膚を強く接合してしまうわけです。
筋肉と皮膚はある程度の緩みが存在します。
だから、皮膚をつまんだりできるわけですね。
しかし、この接合によって緩みがなくなるとどうなるか?
常に皮膚のテンションが高い状態になりますので
神経もとても敏感になります。
そして、ちょっとした外部からの刺激や関節を曲げ伸ばしした時に
神経が興奮して「しびれ」や「痛み」を感じてしまうわけです。
これらが、シビレや違和感の原因です。
よく、神経が損傷しているという表現をしますが、それは正しくはありません。
鍼やローラーは皮ふと筋との間に緩みを作る事ができます。
もしくは手で軽くさするだけでも維持的に改善することがあります。
試してみてください。
心も体も爽やかに
ミントはり灸院のHP|神戸の鍼灸
http://mint-acu.com/