ミントはり灸院・ベスト8と片頭痛

神戸の鍼灸院「ミントはり灸院」をご存じない方は、
まず以下をご確認くださいませ。

2010年6月29日

ベスト8と片頭痛

カテゴリ: 頭痛・偏頭痛

さぁ今日もワールドカップ「負けられない戦い」です。
23時からなので、前回よりは見やすい時間ですね。
ここまでの決勝トーナメントの勝利チームの試合内容は
かなりハイレベルでした。
ここで勝てれば日本は本物だと思います。がんばれ!!
治療院に頭痛で来院される方のほとんどが「片頭痛です。」と自身で診断されてますが
片頭痛はどんな病気なんでしょうか?
●「ズキンズキン」あるいは「ガンガン」と脈打つような激しい痛みが続く
●頭痛の起こる回数は、月に1~2回程度から、多いときには週に1~2回
●痛みは1~2時間でピークに達し、吐き気や嘔吐(おうと)を伴うケースが多い
●あまりの痛みに動くこともできず、仕事や勉強などが手につかなくなったり、寝込んでしまうことも
●痛みの発作が起きている間は、姿勢を変えたり、頭をちょっと傾けたりするだけでも痛みが強くなる
●音や光に対して過敏になっているため、ふだんは気にならない程度のまぶしさ、テレビの音や話し声などがうるさく感じられることもある
ここで、よく片頭痛=頭の片側と勘違いされている方がいますが
そうではありません。
症状で分類されています。
ここでのポイントは
①「脈打つ」
②「気分が悪くなる」
の2点です。
①についてですが。
頭の血管は筋肉と筋肉の間を縫うように全体に広がっています。
何らかの原因で筋肉が硬くなったら。
血管は鼓動にあわせて太くなったり細くなったりしていますので
硬い筋肉をさらに血管が太くなる事で筋肉に引きつれを起こします。
そこで痛みが発生するわけです。
②については
痛みが起こる前か後かで意味が変わってきます。
痛みが起こる前では、平衡感覚の問題により、船酔いのような症状(吐き気)を起こし
耳の状態が悪くなる事で周囲の筋肉を硬くしてしまい痛みを起こすケースと
痛みの後については、慢性的の場合において自律神経の失調により
全身性に循環低下や内臓機能の低下によって、体調が悪化するケースがあります。
頭痛には前兆がある方がいます。
天気の変化を感じたり
閃輝暗点という(視野にフラッシュが見えたり)
眠気や気分が悪くなったりなどなど。
痛みを起こすのは症状として自覚できる状態まで悪くなった
と言えます。無意識のレベルで症状は起きています。
例)胃に穴があくまでは胃壁の損傷には気がつかない
前兆はその無意識→意識の変化を敏感に感じる事ができる人にあるのではないかと考えられます。
よって、前兆の段階で何かをしても
ある意味では遅いわけですね。
何も感じない段階でどれだけケアができるかが
頭痛解消に向けた第一歩となります。
心も体も爽やかに
ミントはり灸院のHP|神戸の鍼灸
http://mint-acu.com/