ミントはり灸院・難しい耳の症状

神戸の鍼灸院「ミントはり灸院」をご存じない方は、
まず以下をご確認くださいませ。

2010年6月28日

難しい耳の症状

カテゴリ: 耳鳴り・難聴

耳と自律神経の鍼灸治療
神戸・灘区・東灘区の鍼灸院「ミントはり灸院」森本です。
アクセス | メールで予約 | 電話をかける

こんにちはクローバーミントはり灸院の森本です。
最近、新たに観葉植物を買いました。
観葉植物もいろいろ種類が増えてきて
見た目にもカラーサンドを使って綺麗
水耕栽培で扱いも楽なのが主流なんだそうです。

どんどん、増えてきて楽しくニコニコなってきますね。

胃や顔のむくみ取りなどの治療は比較的に早く効果がでます。
ですが、耳はなかなか良くなりません。叫び

そこがめまい・耳鳴り・難聴治療の難しいところなんです。

胃などの粘膜は絶えず次から次へと新しく生まれ変わって
変化しているので、修復も早いです。
顔の場合は、皮下の血のめぐりを良くする事で代謝が促進され
むくみが解消されるので、変化も早いです。

耳の中(鼓膜から始まって外耳道~中耳骨(耳管まで)
~半規管・前庭部や蝸牛管の内耳まで)というのは
精密機器のように構成されています。
頭蓋骨(主に側頭骨)にしっかり守られており。
病院のクリーンルームひらめき電球のようなものなのです。

ですからその中の状態は一定の状態を保っていて
あまり変化しないようにできています。

耳の中の状態がころころ変わると、生体とってとても都合が悪いのです。

生死の狭間で生きる動物を例にすると?
耳の中が安定していなければ、きちんと平衡感覚がとれなくなり
ふらふらしているあいだに逃げ遅れて食べられてしまうでしょう。
もちろん、狩りにいってもまっすぐ走れないようでは捕まえる事もできません。

耳(聴力、平衡感覚)の状態は生死に影響しますし
耳(聴力、平衡感覚)の安定は生きていくことに不可欠です

耳の粘膜も絶えず生まれ変わっていますが
それは、耳内部のリンパ液の濃度や感覚受容器に影響を与えないように
時間をかけて変化していきます。時計

だから耳の中は変化しにくい
悪くもなりにくいし、良くもなりにくいのです。

このあたりを理解していただいて、もう少しジックリと
治療と自宅ケアにとり組むことが、ストレスを減らす意味でも
大切であると言えます。ドア

ミントはり灸院 予約制
◆診療時間 平日:9時~20時
      土日祝日:9時~17時 不定休
◆場所 兵庫県神戸市灘区森後町2-1-9-7F

〇内臓からの治療が選ばれる理由
〇メニュー・料金表
〇プロフィール
〇アクセス

〇患者様の声

※当日のご予約もできます。
メールで予約 (24時間OK)
078-857-8561
(治療中でお電話をとるのに時間がかかる場合がありますが、しばらくコールしてください。)