ミントはり灸院・CNMSの患者さん

神戸の鍼灸「ミントはり灸院」のサイトを初めてご覧になる方へ

2009年9月25日

CNMSの患者さん

カテゴリ: 自律神経失調症

昨日、昼ごろに電話があり。
自分はCNMSではないかと疑っているという電話でした。
聞いたことのない病名だったので調べてみると
CNMSは頚性神経筋症候群といって
首周囲の筋肉の緊張により、うつ・めまい・やる気がでない・汗が出る
などの不定愁訴に似た症状を出します。
鍼灸ではよくある症状なんですが
いつの間にかお医者さんによって名前が付いてたんですね。
(最近だそうです。)
若い患者さんでしたが。
喉周囲の反応が強く
いわゆる風邪の状態でした。
9か月間も症状に悩んでいたそうです。
ローラーでコロコロして喉の反応も良くなりました。
喉の炎症により、首周囲の筋肉を緊張させます。
そして「痛みの悪循環」で自律神経症状となり
内臓へのダメージも起こるわけです。
反応点治療の内臓+筋肉のケアで
不安のない生活にしていきましょう
心も体も爽やかに
ミントはり灸院のHP
http://mint-acu.com/

関連する記事