ミントはり灸院・社交不安障害と鍼灸治療!?ツボでのセルフケアも紹介

2024年5月24日

社交不安障害と鍼灸治療!?ツボでのセルフケアも紹介

カテゴリ: うつ病・パニック障害

社交不安障害とは?

社交不安障害は、他人と関わる場面で強い不安や恐怖を感じる精神障害です。この障害は、社会的な場面(例えば大勢の場での発表や仕事でのプレゼンなど)、自分が評価されることに対する過度な恐れを特徴とし、日常生活に大きな支障をきたします。
性格の問題ととらわれがちですが、社会的な場面を強く苦痛に感じ、恐怖感や不安感が出てしまいます。

社交不安障害の状態

強い不安感:人前で話す、食事をする、電話をかけるなど、普通の社交的な状況で強い不安や恐怖を感じる。
自己意識過剰:自分が注目されている、評価されている、または批判されていると感じやすい。
回避行動:社交的な場面を避けるために、学校や職場、社交イベントなどに参加しないことが多い。

社交不安障害の症状

社交不安障害の症状は精神的、身体的、行動的に現れます。

精神的症状

– 強い不安感や恐怖
– 恥ずかしさや自己意識過剰
– ネガティブな自己評価

身体的症状

– 動悸、息切れ
– 発汗、震え
– 顔の紅潮、吐き気

行動的症状

– 社交的な場面を避ける
– 不安を感じる状況から逃げる
– 人前での行動を極端に制限する

社交不安障害の原因

社交不安障害の原因は複雑で、多岐にわたります。

脳の機:特にセロトニン神経系やドーパミン神経系の機能不全が不安反応に関与しているとされています。
環境的要因:いじめ、批判的な養育、トラウマなどの経験が発症リスクを高めます。
身体的要因:赤面、吃音、多汗、動悸といった身体の反応が助長する場合もあります。
心理的要因:完璧主義や低い自己評価が、不安を助長する要因となります。

六甲道本院
三ノ宮院

社交不安障害の診断

社交不安障害の診断は、精神科医や心理士による詳細な問診と評価を通じて行われます。DSM-5(精神疾患の診断と統計マニュアル第5版)の基準に基づき、次のような要件が確認されます:
・社交的な状況で過度な不安を感じることが6ヶ月以上続いている
・社交的な状況を避けるか、極度の苦痛を伴って耐える
・日常生活、仕事、社交活動に重大な支障をきたしている

薬物療法

分症症状と関わりの深い脳内神経伝達物質の調整を助けるような目的て処方されます。
・抗うつ薬(SSRIやSNRIなど):不安症状の緩和に効果的
・抗不安薬:急性の不安発作に対処
・ベータ遮断薬:特に緊張する場面での身体的症状を軽減

心理療法

 ・認知行動療法(CBT):不安を引き起こす思考パターンを認識し、変更する方法を学びます。特に自己肯定感が低いと自分の能力を低く見積もることで不安反応が強く出てしまいます。

まとめ

社交不安障害は、多くの人々が経験する可能性のある一般的な精神障害です。適切な診断と治療を受けることで、症状を管理し、より充実した生活を送ることができます。
不安な期間が長引くことで、深刻化してしまいます。その結果として人生の大事な場面での失敗経験や回避行動がさらなる重症化になりかねません。それがアルコール依存症やうつ病へのきっかけにならないように早めの治療や専門家への相談が大切です。

鍼灸と社交不安障害

社交不安障害の症状である極度の不安状態から卒業し社会復帰、そして再発予防に鍼灸治療は有効だと考えています。
それは、脳そのものの問題ではないからです。

さらに鍼灸施術の特性も社交不安障害の改善に役立てます。

現代医学と鍼灸の統合的アプローチ

現在の医療の最先端は西洋医学と東洋医学をミックスして使うことです。
とくに近年ではさまざまな疾患に対して取り入れられており効果を出しています。
なので、病院で治療を受けているからやめておこう、鍼を受けるなら薬は飲まないほうが良い。
というのはまったく当てはまりません。
社交不安障害と診断されてから、早く元の自分を取り戻したいと思っている人はすぐに鍼を受けに来る人がいます。
効果を感覚的に捉えているようですが、今はそれが医療の現場においてもスタンダードになりつつあります。

社交不安障害に対する鍼灸の効果

社交不安障害に対して鍼灸ならどんな効果が期待できるのか?

ストレス反応が出るところは元々弱っていた、弱点であった可能性があります。

例えば、不安からくる下痢を伴う腹痛の場合だと。

緊張する場面になると腹痛がする、それはきっかけとしてあるかもしれませんが、普段から下痢っぽくなかったのか?仕事以外の緊張する場面においても下痢っぽくなることはなかったのか?

ということです。

社交不安障害と鍼灸の効果-身体的な症状-

当院で数多くの患者さんを診てきた傾向として、社交不安障害の症状はその人の元々持っている弱っている内臓や筋肉に出てくるケースが大多数を占めています。

ということはその弱点を解決すれば、緊張する場面における不安反応を抑えることができると考えられます。

不安反応が少なくなれば、耐性が高まったと言えますし、結果として体調に左右されず働くことができます。

心理的に緊張する、不安になるということもありますが、身体の反応を感じてより強く不安になることもあります。

社交不安障害と鍼灸の効果-精神的な症状-

我々が精神的な症状を発する時はどんなときかというと、内臓の不調や不快な状態によって、脳の理性を司る前頭前野の働きが低下するときに発生します。

上記のような内臓の不調や自律神経の乱れによって、身体的なストレスが発生します。

例えば腹痛になると、絶えず痛みのストレスを受け続けることになります。

その時のストレスは弱いかも知れませんが持続的に受け続けると考えると低く見積もることもできません。

脳には確実に負担になってうつ状態になるわけです。

社会的なストレスは時間の経過や環境から離れることで解消されますが、内臓的なストレスは回復しない限り続きます。

鍼灸は内臓や自律神経の不調を改善することができますので、そういった内部のストレスからくる抑うつ状態など精神的な症状を改善することができます。

社交不安障害と鍼灸の効果-脳の負担を下げる-

さらに鍼の刺激は交感神経を介して脳への刺激を与えて脳全体の血流改善を生み出すこともできます。

さらに身体刺激に意識を向ける時間というのは脳がリラックスすることにもなります。

社会的なストレスが発生するのは、ストレスを感じた場面などがフラッシュバックしたり、未来を想像して不安に感じたり、現実に起きているわけではなく過去や未来のことを想像して脳がストレスを感じます。

脳はそれだけ、イメージ力が強いのが特徴ですが、社交不安障害になる場合はそのイメージから抜け出せない、考え続けてしまう時間が多くなりがちです。

そこで鍼やお灸の身体刺激が有効です。人の体は身体刺激がある場合や自分の身体の部位を強く意識している時は脳のイメージ力は発動できなくなります。

この考えは心理士の先生も鍼灸による刺激は立派な心理療法であると言っていました。

刺激に集中する、身体の変化に集中する時間はまさに脳がそこに没入していきますが、わずか数十分でも脳がクリアになっていきます。

六甲道本院
三ノ宮院

社交不安障害と鍼灸の効果-カウンセリング-

社交不安障害では現状に対する認知を変えるのが今後の再発を防ぐうえで重要なテーマとなリます。

そこには様々な観点からストレスに対して自分の認識や認知を変容していかないといけません。

本来であれば専門家による心理療法が有効ですが、それを受け続けるには難しさがあります。

現実として予約が取りづらい、専門家が少ない、変容には長期間がかかるといった課題があるからです。

そこで鍼灸治療を上手く使うことをおすすめしています。

治療中に自分の感じていること、生きづらいと思っていること、普段の生活、好きなことや嫌いなことなどなんでも話すことができるからです。

病院と違ってある程度の時間をとって、マンツーマンでいることができるのが鍼灸治療の良さです。

頻度も週に1回ペースなのでカウンセリングの合間の復習や感じたことの再考にもなります。

心理士ほどのプロではありませんが、一般的な人に比べても傾聴のスキルを有しているのでストレスなく話を続けることができます。

社交不安障害と鍼灸の効果-まとめ-

社交不安障害の改善に心療内科ではアプローチが少なく経過観察となること多い中で鍼灸治療をチャレンジする方は少なくありません。

鍼灸との相性もとても良いのでぜひ検討してみてください。

ツボを使ったセルフケア/h2>

社交不安障害に対する特定のツボ

その日の不調によって現れる症状に対応するツボを選ぶことが効率的に効果を出すことができます。

ストレスの耐性を高めるツボとして百会をおすすめしています。

頭頂部で両耳を結ぶ頭の中心にあります。

親指でゆっくり押し込んでください。

ストレスが溜まっているほど、痛みが出やすくなります。

あまり痛みが強くならないように1分程度抑えておけば効果が出ます。

精神安定に効果的なツボの紹介

胸の間にあるだん中です。

胸の中心にあリます。なかなか押すことが難しい状況であれば、手のひらで全体を抑えるようにして軽く圧をかけましょう。

そして、深呼吸して押した手が上がったり下がったりするのを感じてください。

そのまま深呼吸を10回程度繰り返したら完了です。

身体の変化を感じる集中した時間を作ることが大切です。

ストレス軽減に有効なツボ

完骨です。耳の後ろの出っ張った骨から 1センチほど下から内方へ少し外れた 髪の生え際あたりで凹んでいる部分です。

そこを両方の親指で押してください。

ストレスを感じていると首が硬くなります。

ゆっくり押しながら首の緊張を軽減してください。

紹介した3つのツボも社交不安障害と言われていなくても使って問題ありません。

自分に取って使いやすい、やってみて気持ち良いと感じるツボを選んでください。

社交不安障害の治療に鍼灸を取り入れるメリット

医療の複数アプローチは自分の考えなどを整理するのに有効です。
西洋医療では限界があっても東洋医学ではアプローチできる場合があります。
別の視点や考え方は自身のストレスを捉え方を変えるきっかけになるかもしれません。

復帰までの時間の短縮や再発防止、薬の量を減らすなど実質的な効果も期待できます。

もちろん、病院の薬やカウンセリングと並行して治療受けることができますし。効果がバッティングして副作用になることもありません。

全人的なアプローチの重要性

心と身体は一つであるという考えは東洋医学においてはスタンダードでした。

これらを一体的にアプローチできるのが鍼灸です。

認知行動療法も全人的なアプローチです。

こちらは認識と行動ですが、鍼灸の場合は内臓や筋肉と自律神経そして脳です。

また社交不安障害のことやストレス元のことを一人でも多くの人に知ってもらうことも大切です。

自分と関わる人の輪を大きくすることはそれだけ、いろんなサポートを受けることができますし、いろんなアイディアが生まれます。

まとめ

社交不安障害と鍼灸治療に関して、当院の考えを解説しました。

長かったと思いますがいかがでしたでしょうか?

現代社会において人との関わりをなくして仕事をすることは難しくなっています。人と関わらない仕事は機械やAIに代替されていくからです。だからこそ、不安や緊張を上手く付き合っていくことは、これからを生きるうえでの大事なスキルと言えます。

一度、社交不安障害になってしまったからといって必ず慢性化するわけではありません。自分の苦手なところや苦手な状況や考えを知れたと思って次に活かしてもらえれば、それも大切な経験ですしストレス耐性とも言えます。

少しお休みして、これまでの経験を活かしてほしいなと思っています。
それが鍼灸治療ならお手伝いできると考えています。

当院「ミントはり灸院」は、根本から改善することに特化した神戸の鍼灸院です。《年間10,000人超の実績》六甲道駅3分”六甲院”と三ノ宮駅6分”三ノ宮院”の2店舗がございます。全室個室でマンツーマンで施術しています、ぜひお越しください。