ミントはり灸院・頭痛と生理痛で学校に行けない!高校生の女の子

神戸の鍼灸「ミントはり灸院」のサイトを初めてご覧になる方へ

2013年8月21日

頭痛と生理痛で学校に行けない!高校生の女の子

カテゴリ: 頭痛・偏頭痛

耳と自律神経の鍼灸治療
神戸・灘区・東灘区の鍼灸院「ミントはり灸院」森本です。
アクセス | メールで予約 | 電話をかける

●頭痛と生理痛で学校に行けない!高校生の女の子

頭痛に悩む女性は多いのですが、それは年齢に関係なく学生さんも。

学生さん特有の悩みとしては、授業を受けられなくなるということ。

教室から離れる時間が増えてくると、空気感に敏感な女子どうし、徐々に居づらくなり学校に行く事もできなくなってしまいます。

そして生理痛もセットで悩みがあるということ。

これは、頭痛からくるストレスが影響して、自律神経のコントロール低下してしまい、子宮内膜の成長低下や周期の乱れなどをおこします。

それが、生理時の痛みや不快感となって「毎月くる憂鬱な日」となってしまいます。

本来、生理は子宮環境をクリーンに保つための大切な働き、それがちゃんと出来ていないということは、病気だけでなく妊娠などの障害にもなります。

頭痛はつらい!何もできなくなるくらい!

今回の患者さんは別々の時期に来た高校生のAさんとBさんでした。

2人とも症状は一緒で「頭痛と生理痛」。

生理痛の時は学校を休み、頭痛が酷い時は痛み止めでも効果なく、保健室で授業を受ける日々が続いていました。

痛みの場所はAさんは頭全体、Bさんはこめかみの辺りでした。

この場所によって原因は変わってきます。

Aさんだと首から後頭部にかけての筋肉の緊張が起こす頭痛で咽が原因になります。

Bさんだと側頭部にある筋肉の緊張が起こす頭痛で鼻や目が原因になります。

実際にAさんは毎朝咽が枯れていることが多かったそうです。空咳もありました。そしてBさんは今時のスマホのヘビーユーザーだったこともあり眼精疲労がありました。

2人とも「鍼が怖い」と言ってましたが、刺さない鍼や刺激の小さな鍼を使うことでリラックスして治療を受けることができ、「思ったほどではない」という感想になり、3回目からは寝るほどに。

治療は3回目あたりから、頭痛軽減の効果が出てきて、痛みを起こすことはほとんどなくなりました。

そして、5回目以降には生理痛も学校を休みほどでなくなり、Aさんはその時点で治療を終了し、Bさんはメンテナンスを目的として月に2回ほど治療を受けています。

せっかくの楽しい学生生活、頭痛がその邪魔をしないようにお手伝いします!

ミントはり灸院 予約制
◆診療時間 平日:9時~20時
      土日祝日:9時~17時 不定休
◆場所 兵庫県神戸市灘区森後町2-1-9-7F

〇内臓からの治療が選ばれる理由
〇メニュー・料金表
〇プロフィール
〇アクセス

〇患者様の声

※当日のご予約もできます。
メールで予約 (24時間OK)
078-857-8561
(治療中でお電話をとるのに時間がかかる場合がありますが、しばらくコールしてください。)

関連する記事