神戸,鍼灸

ミントはり灸院・後頭部が痛くなる頭痛の原因は?

サイトマップ

豊富な治療実績を誇る鍼灸専門院

特徴

住所兵庫県神戸市灘区森後町3-1-5 ネオハイム六甲201号

アクセスJR神戸線「六甲道駅」 徒歩2分 / 阪急六甲駅 徒歩6分

お電話によるご予約・ご相談は

完全予約制

診療時間休診日:日曜日
平日:AM:10:00~13:00 / PM15:00~20:00
土曜:9:00~17:00 / 祝日:9:00~13:00

※最終受付:1時間前

神戸の鍼灸院は灘区,東灘区,六甲道の近くの鍼灸院にお任せ下さい。

めまい,耳鳴り,難聴,不妊,自律神経失調,頭痛,頻尿,アトピーなどご相談下さい。

2020年4月7日

後頭部が痛くなる頭痛の原因は?

カテゴリ:頭痛・偏頭痛

後頭部の痛みについて

後頭部の頭痛で「後頭神経痛」が原因と言われることがあります。後頭部から頭のてっぺん、おでこまで通っている神経です。首の付け根から耳の後ろを通り、側頭部までもがピリピリと痛みます。

脳神経外科を受診すると「リリカ」などの痛み止めを処方されることが多いと思います。しかし、痛み止めを飲んでも効かないから更に強い痛み止めに変わった、ということはよく聞きます。あるいは痛み止めで治ったけど再発してしまう例も。

後頭部の痛みの原因とは?

病院を受診すると後頭神経痛の原因は末梢神経の圧迫、身体的・精神的ストレスだと言われることが多いです。身体的ストレスというのは怪我や長時間の悪い姿勢などです。

そして我々が考える神経の範囲に起きる痛みの原因は、ズバリ『筋肉の緊張や皮膚の歪み』です。特に後頭部の筋肉の緊張は喉の炎症が原因で起こります。喉の炎症は肩こりをも引き起こします。

よく「肩こりで頭痛がする」と言われていますが、喉の炎症によって肩こりや頭痛が起きるのです。花粉症の季節は肩こりや頭痛が増えます。

痛み止めでも再発する場合は喉のケアを!

もしリリカなどの痛み止めを飲んでも再発する場合は、喉のケアを優先しましょう!喉をケアする方法はたくさんありますが、当院が喉の弱い人におすすめしているのは「寝るときのマスク」です。寝苦しくなる!朝起きたら外れてる!という方も多いのですが、途中で外れても構いませんので寝る前に付けて寝てみてください。乾燥は喉や鼻の粘膜にとっては大敵です。マスクで加湿をしましょう。

加湿ができるタイプもマスクでも良いですし、塗れたティッシュをおりたたんでマスクに入れると即席の加湿マスクが出来上がります。

もちろん加湿器をお持ちの方は加湿器に頼るのが簡単だと思います。アロマ加湿器なんかのオシャレなタイプをお持ちの方は、ユーカリ、ティートゥリー、ペパーミントがおすすめです。

そして姑のように口酸っぱく言いますが、鼻うがいも非常におすすめです!鼻と喉は繋がっています。騙されたと思ってしっかり鼻うがいを続けている患者さんは「風邪をひきにくくなった」「今年は花粉症がマシです」と笑顔でおっしゃっています。

実際に鼻うがいをすると鼻も喉もスッキリするので、して損はないと思います。

他に喉のケア方法はローラーでの刺激、温かい飲み物を飲む…などがあります。とにかく乾燥させないことが大切です。

体はあらゆる部分で繋がっている

このように頭の痛み1つを取っても様々な体の部位、症状と関連しています。当院の鍼灸治療では内臓、顔周り、筋肉に向けてしっかりとアプローチをしていきます。

痛みが起こっている原因を調べ、根本的に治るように治療します。

私の不調はどこから来ているんだろう。。原因不明の症状で悩んでいる…そんな方はお任せください。原因が分かるだけでも気持ちが楽になりますし、もちろん症状をしっかり治して、不調によって出来なかった日常生活、夢を応援します。 いつでもご連絡お待ちしています。

頭痛の症状解説ページはこちら

LINEで送る
Pocket

院長のご紹介

院長

森本 賢司

神戸東洋医療学院卒業。反応点治療研究会所属。
2009年に神戸市灘区でミントはり灸院を開院。 数少ないスタッフを有する鍼灸専門院。
めまい、耳鳴り、自律神経失調症、不妊、緑内障、うつなどを得意とする。
>スタッフ紹介詳細はこちら

アクセスマップ

ミントはり灸院

兵庫県神戸市灘区森後町3-1-5
ネオハイム六甲201号

・JR神戸線「六甲道駅」徒歩2分
・阪急六甲駅 徒歩6分


大きな地図で見る

ご予約・ご相談はこちら

24時間WEB予約