ミントはり灸院・耳管開放症にみる鼻の重要性,耳鳴り,閉塞感

神戸の鍼灸「ミントはり灸院」のサイトを初めてご覧になる方へ

2012年3月26日

耳管開放症にみる鼻の重要性,耳鳴り,閉塞感

カテゴリ: 耳鳴り・難聴

耳と自律神経の鍼灸治療
神戸・灘区・東灘区の鍼灸院「ミントはり灸院」森本です。
アクセス | メールで予約 | 電話をかける

●耳管開放症にみる鼻の重要性

耳管開放症を説明する前に

耳管について

中耳(鼓膜あたり)は耳管で鼻の奥とつながっています。

普段は閉じていますが、つばを飲み込む時に耳管が開きます。

そして、空気が鼻から耳に入ります。

すると、中耳と外界との気圧が同じになり鼓膜がよく響きます。
(耳抜きともいいますよね)

耳管開放症は

普段閉じている耳管が開放されている状態が続く事で、耳閉感だったり自分の声が響いたり、耳鳴りを感じたりします。

耳管を閉じる筋肉の緊張低下が開放を起こす要因ですが、その原因は鼻炎、自律神経失調、妊娠、風邪などさまざまです。

その反対に、耳管狭窄症もあります。

これは鼻炎、副鼻腔炎により耳管の入り口が狭くなってしまい、耳閉感や軽度の難聴を起こします。

2つの症状から分かるように

耳の機能を正常に保つために「耳管」はとても重要な役割をはたします。

そして、鼻の状態がとても大切であるという事も。

当院でも耳鳴りや難聴の症状の方で、鼻の周囲にツボの反応が出ている方は多いです。

耳の治療に鼻のケアは欠かせなません。

慢性的な鼻のずるずるをお持ちの方は要注意ですし、あなたの耳鳴りの原因が、鼻にある場合もあります。

ミントはり灸院 予約制
◆診療時間 平日:9時~20時
      土日祝日:9時~17時 不定休
◆場所 兵庫県神戸市灘区森後町2-1-9-7F

〇内臓からの治療が選ばれる理由
〇メニュー・料金表
〇プロフィール
〇アクセス

〇患者様の声

※当日のご予約もできます。
メールで予約 (24時間OK)
078-857-8561
(治療中でお電話をとるのに時間がかかる場合がありますが、しばらくコールしてください。)

関連する記事