ミントはり灸院・新人長谷川の研修メモ(38)〜運営と接客のバランス〜

神戸の鍼灸「ミントはり灸院」のサイトを初めてご覧になる方へ

2020年9月2日

新人長谷川の研修メモ(38)〜運営と接客のバランス〜

カテゴリ: 新人教育

こんにちは、
ミントはり灸院の長谷川 夏鈴です。

最近、暑い日が続いてますね💦気温も高く、私はぐっすり寝れない日が多くなりました。そのことを院長に相談したところ、寝る時にエアコンをつけっぱなしにすることをおすすめされました。つけっぱなしは良くないと思っていたので、驚きました‼️長袖やタオルケットなどで全身を覆った上で、エアコンの温度を設定するといいそうです。試したところ以前より眠れるようになったので、よかったです😊夏バテ防止のため続けます🔥

さて、今回は運営と接客がひと通りできるようになってでてきた課題についてお話しします。

患者数の増加

入社当初はコロナの影響もあり患者数が減っていました。なので、比較的余裕がある中で研修を行いました。最近は新規の患者さんも増え、外出を自粛されていた患者さんも戻ってきました。私は、患者さんが増えたな、忙しいなという感覚でしたが、実際はこれが通常の患者数でした。なので今来られている患者さんを対応しながら、運営業務も進めなくてはいけません。

運営業務の効率化

まず課題となったのが、今日するべき運営業務を忘れてしまうこと。毎日の業務、月一の業務、備品の補充などそれぞれ表にまとまっていますが、受付から見えるわけではありません。私はそれを見に行くということを忘れてしまいます。また、患者さんがいる時にはできない仕事や受付を離れなければできないこともあります。それを終わらせるために、頭でスケジュールを立ててもすぐ忘れてしまうのでTodoリストを勧められました。今まではメモや付箋に書いていましたが、他の情報と混ざって見にくいので、専用のTodoメモを買ってみました✨

シンプルで使いやすい⭐

今日やるべきことが見える化されるので、スケジュールが立てやすくなりました。これからはTodoを書くのを忘れないようにして、うまく活用していきます。

運営と接客のバランス

Todoを活用して運営業務が効率よくできるようになってきましたが、接客とのバランスが悪くなっていました。次に来る患者さんのことを考えずに作業をしていたため、慌てて受付に戻ることや患者さんが受付にいることに気づかず待たせてしまうこともありました。しかし私は、気づいたらすぐに受付に戻っていたので、気をつけないといけないなという気持ちで、正直そこまで重く受け止めていませんでした。

でも患者さん、特に初めて来院する方からみると、受付に誰もいないのは少し不安に感じると思います。また施術が終わって戻ってきた時にいつもいるはずの受付がいないと、戸惑ってしまうかもしれません。待たせてしまった時間は短くても、不安にさせてしまったことが1番のミスだったんです。そういう視点が欠けていたと気づきました。大切なことなのに、意識できていなかったことが悔しかったです。

スムーズに運営することはもちろん必要ですが、患者さんが気持ちよく過ごせることが1番なので、その意識を忘れないようにこれから運営・接客をしていきます。

 



【おまけ】

YouTubeの撮影で眞殿先生に治療してもらいました♪よく見ると撮影している森先生がいるので、探してみてください(^^)/

関連する記事