ミントはり灸院・新人長谷川の研修メモ(33)〜メンテナンスの大切さ〜

神戸の鍼灸「ミントはり灸院」のサイトを初めてご覧になる方へ

2020年6月26日

新人長谷川の研修メモ(33)〜メンテナンスの大切さ〜

カテゴリ: 新人教育

こんにちは、
ミントはり灸院の長谷川 夏鈴です。

私は今まで季節の変わり目に体調を崩して高熱出していました。1日休めば熱は下がりますが、毎回しんどい思いをしてきました。最近、気温の変化もあったり、梅雨に入ったりそろそろかなと思っていましたが、今年はすごく調子がいいです!この半年間は体調を崩しませんでした😲

過去1元気💪

では、なぜ体調がよくなったのか?それは鍼灸治療を受けはじめたからです。また、セルフケアもするようになりました。改めて鍼灸の良さを感じたので詳しくご紹介します。

半年前の長谷川の症状

・首こり、肩こり
・全身倦怠感、眠気
・定期的に出る高熱
・頭痛(側頭部、後頭部)
・生理痛(腹痛、腰痛)
・便秘(3~4日に1回程度)
・膝の痛み
・喉の痛み
・鼻詰まり

症状は多いですが、常にあるわけではなく出たり出なかったりを繰り返していました。また、どの症状もしんどいですが我慢できるくらいで、時間が経てば治るものばかりでした。なので病院には行かず放置していました。

鍼灸治療開始

昨年の冬から、国試前の体調管理も兼ねて治療を受けはじめました。国試前に高熱を出したら試験どころでは無くなってしまいますし、頭痛や眠気で勉強に集中できないこともあったからです。なので、学校の治療院で2~3週間に1回程度治療してもらいました。東洋医療の先生に首こり頭痛の緩和と、体調管理をメインに治療してもらいました。

治療の効果

治療を受けると痛みがなくなり身体がスッキリしました。はじめは数日間しか持ちませんでしたが、体が変わることに驚きました。半年ほど通って、頭痛や首肩こりがひどくなることは少なくなりました。また、毎回のように飲んでいた生理痛の薬の量が減り、1回も飲まない月もありました。何より体のだるさを感じにくくなったのが嬉しかったです。毎日だるかったのが、2週間に1回程度になりました。今まで体がだるいのが普通だったので、とても調子が良くなって元気に過ごせる日が増えました。

調子のいい自分がわかると、ここまで無理すると体調崩す限界がわかってきました。今まで気づかなかった小さな不調に気付けるようになったことで、早めに対策ができるようになりました。

身体がスッキリしたのはもちろんですが、小さな不調に気付けるようになったことは私にとって、とてもプラスになりました。不調が小さいうちに治療を受けたり、セルフケアをすることで、体調を維持できます。病気になってからではなく、しんどくなる前に治療できるのは、鍼灸の良さだと感じました。

さらに、だるさ頭痛がなくなったことで勉強や仕事に集中できるようになりましたし、休みの日に外出することも増えました。これからは、私の体験を広めて同じように困ってる方が鍼灸を受けるきっかけを作っていきたいです。そして、気持ちよく毎日を過ごしてもらいたいです。そのためにも、研修を頑張っていきます。

【おまけ】

近くのうどん屋さんに行きました。さっぱりしていて美味しかったです😋

関連する記事