ミントはり灸院・手術後の膝の痛みは鍼で解消できる!30代男女の2症例から

神戸の鍼灸「ミントはり灸院」のサイトを初めてご覧になる方へ

2012年10月2日

手術後の膝の痛みは鍼で解消できる!30代男女の2症例から

カテゴリ: 膝痛

耳と自律神経の鍼灸治療
神戸・灘区・東灘区の鍼灸院「ミントはり灸院」森本です。
アクセス | メールで予約 | 電話をかける

●手術後の膝の痛みは鍼で解消できる!30代男女の2症例から

膝の痛みで悩む方は年齢や性別を問わずに多くいますが、骨や靭帯(半月板等)だけで考えてしまうと解決できないまま、変形してしまう恐れがあります。

短い期間で30代の男性と女性が膝痛で来院されました。

体格はもちろん違うものの、症状としてはとても似ており、以下のような共通点があります。

・ 膝が痛い、膝に違和感がある。
・ スポーツ中に怪我(十字靱帯断裂、半月板損傷)をして、手術をした。
・ リハビリを経験している。
・ 膝の軟骨がすり減り、70代の膝だと言われた。
・ 将来、歩けなくなるかと不安

このような状況の中で、お二人とも自分の膝が良くなることを諦めていて、体重管理と筋トレをしながら付き合っていくものだと考えていました。

ここで考えなければならないのは、膝の構造の問題と痛みは分けて考えなければならないということです。

膝が抜ける、力が入らないは構造の問題で、十字靱帯が断裂していると起こります。これは、手術をしなければなりません。

ですが、痛みの問題は筋肉のケイレンや皮膚の緊張によるものであって、半月板が損傷しているからとか軟骨がすり減っていることが原因ではありません。

よって、膝の痛みは筋トレだけでは解消できないわけですね。

そして、軟骨がすり減るのは、筋肉の緊張が片方に強くおこっているからです。そのままにしておくと、変形してしまいます。膝に水が溜まるのも同じ理由ですね。

先程のお二人は、元々は違う症状で治療をしていましたが、膝の痛みもあるということで同時に治療をしました。受ける時は「治るとは思ってない」と期待していなかったようですが・・・

膝の周囲を丁寧に診ていくと、やはり筋肉の緊張がありました。

そこに、鍼をすること数回の治療で、筋肉は柔らかくなり、症状は消失(痛みや違和感なし)しました。

以後は軽く膝周りの筋肉のメンテナンス程度に軽く鍼をしています。症状の再発は無く、女性の患者さんはランニングの趣味が増えましたと笑顔で言っていました。

立つ、歩く、買い物する、運動する、どれをするにしても膝の健康が欠かせません。

変形があっても、痛みが無ければ、生活が楽になり、気持ちに余裕が生まれます。

軽快に散歩できるようになりませんか?

ミントはり灸院 予約制
◆診療時間 平日:9時~20時
      土日祝日:9時~17時 不定休
◆場所 兵庫県神戸市灘区森後町2-1-9-7F

〇内臓からの治療が選ばれる理由
〇メニュー・料金表
〇プロフィール
〇アクセス

〇患者様の声

※当日のご予約もできます。
メールで予約 (24時間OK)
078-857-8561
(治療中でお電話をとるのに時間がかかる場合がありますが、しばらくコールしてください。)

関連する記事