ミントはり灸院・治療で使う道具

サイトマップ

豊富な治療実績を誇る鍼灸専門院

特徴

住所兵庫県神戸市灘区森後町3-1-5 ネオハイム六甲201号

アクセスJR神戸線「六甲道駅」 徒歩2分 / 阪急六甲駅 徒歩6分

お電話によるご予約・ご相談は

完全予約制

診療時間休診日:日曜日
平日:AM:10:00~13:00 / PM15:00~20:00
土曜:9:00~17:00 / 祝日:9:00~13:00

※最終受付:1時間前

神戸の鍼灸院は灘区,東灘区,六甲道の近くの鍼灸院にお任せ下さい。

めまい,耳鳴り,難聴,不妊,自律神経失調,頭痛,頻尿,アトピーなどご相談下さい。

2009年4月28日

治療で使う道具

カテゴリ:施術内容

安心で安全な治療を受けていただくために。
治療で使う道具について説明します。

鍼皿と鍼管
これは治療中に鍼をおくための物です。
そして、その上に乗っているのが、鍼を身体に刺す時につかう管です。
これは、治療後に専用の袋にいれて滅菌処理をします。
滅菌する機械は病院の手術で使う物と同じです。
ローラー鍼
ローラー鍼といいます。反応点は皮膚の表面にありますので
このローラーで皮膚をコロコロします。気持ちいい[emoji:e-44]ですよ。
これも治療の度に消毒して使います。
ディスポ鍼
[emoji:e-29]これは鍼です。
すべてパッケージされています。もちろん中は滅菌されています。
鍼はすべて使い捨てです。専門の業者さんに廃棄処理してもらいます。
お灸の外観
お灸を下から
[emoji:e-29]これはお灸です。
もぐさを使ってする場合もありますが、通常はこれを使います。
下の写真を見ていただくとわかりますが、底には隙間がありますので
皮膚に直接、火が乗ることはありません。火傷の心配はありません。
お灸は「熱い[emoji:e-269]」ではなく「温かい[emoji:e-224]」で効果があります。
この他にも、手を消毒する物や鍼をするところを消毒する物などがあります。
身体に関わる道具なので、衛生管理は徹底しております[emoji:e-466]

LINEで送る
Pocket

院長のご紹介

院長

森本 賢司

神戸東洋医療学院卒業。反応点治療研究会所属。
2009年に神戸市灘区でミントはり灸院を開院。 数少ないスタッフを有する鍼灸専門院。
めまい、耳鳴り、自律神経失調症、不妊、緑内障、うつなどを得意とする。
>プロフィール詳細はこちら

アクセスマップ

ミントはり灸院

兵庫県神戸市灘区森後町3-1-5
ネオハイム六甲201号

・JR神戸線「六甲道駅」徒歩2分
・阪急六甲駅 徒歩6分


大きな地図で見る

ご予約・ご相談はこちら

24時間WEB予約