神戸,鍼灸

ミントはり灸院が発信している記事を、カテゴリ別にまとめた一覧です。

サイトマップ

豊富な治療実績を誇る鍼灸専門院

特徴

住所兵庫県神戸市灘区森後町3-1-5 ネオハイム六甲201号

アクセスJR神戸線「六甲道駅」 徒歩2分 / 阪急六甲駅 徒歩6分

お電話によるご予約・ご相談は

完全予約制

診療時間休診日:日曜日
平日:AM:10:00~13:00 / PM15:00~20:00
土曜:9:00~17:00 / 祝日:9:00~13:00

※最終受付:1時間前

神戸の鍼灸院は灘区,東灘区,六甲道の近くの鍼灸院にお任せ下さい。

めまい,耳鳴り,難聴,不妊,自律神経失調,頭痛,頻尿,アトピーなどご相談下さい。

カテゴリ:肩こり・五十肩


2020年5月1日

五十肩になる人の共通点それは喫煙者

五十肩とタバコの関係 当院で五十肩を訴える患者さんのうち、喫煙者あるいは元喫煙者という人はかなり多いです。 五十肩は肩周りの炎症によって激しい痛みが起きることを言うのですが、加齢や運動不足が原因など...

続きを見る»

2020年5月1日

肩が痛いけど、見るべきポイントは胸

肩が痛いときに見るべきポイントは胸 肩が痛いとき、多くの人は肩をさすります。 もし五十肩になったら、多くの医師は肩周りの関節を診ます。 もちろん間違いではありません。 しかし肩が痛いとき...

続きを見る»

2020年4月30日

肩が痛いけど、見るべきポイントは背中

肩が痛いときは背中をみるのがポイント 五十肩は肩の関節に炎症が起きて痛む症状です。どうしても肩ばかりに目が行きがちなのですが、ポイントは背中にあります。 背中は、肩関節・肘関節・手の関節を動かす起点...

続きを見る»

2020年4月30日

可動域の制限を取り除くことが回復にむけての第一歩

五十肩は動かして大丈夫? かつて「五十肩はバットを振り回して治す」なんて言われていたときがありました。現在「五十肩はむやみやたらに動かしてはいけない」と多くの医師は言います。 無理に動かすことで、さ...

続きを見る»

2020年4月30日

夜間痛が発生するのは何故か?

五十肩とは 五十肩とは肩関節周りの炎症のことを言います。肩を動かしたときに、関節周りに痛みが生じます。中年以降に発症し、40代の人は「四十肩」、50代の人は「五十肩」と呼ばれています。 男性よりも女...

続きを見る»

院長のご紹介

院長

森本 賢司

神戸東洋医療学院卒業。反応点治療研究会所属。
2009年に神戸市灘区でミントはり灸院を開院。 数少ないスタッフを有する鍼灸専門院。
めまい、耳鳴り、自律神経失調症、不妊、緑内障、うつなどを得意とする。
>スタッフ紹介詳細はこちら

アクセスマップ

ミントはり灸院

兵庫県神戸市灘区森後町3-1-5
ネオハイム六甲201号

・JR神戸線「六甲道駅」徒歩2分
・阪急六甲駅 徒歩6分


大きな地図で見る

ご予約・ご相談はこちら

24時間WEB予約