病院での治療だけでは治りきらないのは神経以外の問題が隠れているから

このようなことでお悩みではありませんか?

  • 表情が作れなくて人前に出られない
  • 歪みはとれたが動かない筋肉がある
  • 疲れると皮膚が引きつる
  • 涙がでたり、こぼしたり生活しづらい
  • このまま麻痺が続くと思うとつらい

顔面神経麻痺とは

顔面神経がウィルス感染などによって神経が炎症を起こし症状を起こします。最初は耳の後ろ側に痛みが起きた後、顔の片側に筋力低下からはじまり重度になると麻痺を生じます。
時には味覚障害や聴覚過敏を起こすことがあります。

顔面神経麻痺になると、顔が平坦になり表情が無くなります。特に笑顔を作ろうとすると正常な側の筋肉が麻痺している側を引っ張ってしまうため、表情が歪んでしまいます。
その結果、額にしわを寄せる、まばたき、顔をしかめる表情が上手くできなくなります。まばたきの回数が減ることや目を閉じることができなくなることで目の乾燥が起きます。
顔面神経麻痺が回復する中で神経の接続に異常が生じてしまい唾液と涙腺が同時に溜まってしまうことがあります。


まずは病院で問題を解決

顔面神経麻痺になってしまったら、まずは病院で神経の腫れを抑えましょう。
顔面神経が長時間使われなくなることで筋肉が恒久的に硬直すると、回復のチャンスを失ってしまいます。
多くの場合がウィルス感染による神経の炎症です。炎症を起こすことで神経が腫れ、細い神経の通り道で圧迫されてしまいます。その結果、麻痺症状が起きています。
最近では細い道を拡張する出術をする場合もあります。


病院の治療後は鍼灸

病院で神経の腫れを抑える薬をもらったらできるだけ早くに鍼灸治療を受けましょう。
なぜなら、神経が回復するまでの間は筋肉が使えないからです。使えない時間を長く続くことで筋肉は日ごとに硬直していきます。ある一定期間を過ぎてしまうと筋肉とそこにつながる神経ともに動作不能状態になってしまい、一過性の麻痺から難治性の麻痺に移行してしまうからです。
顔のマッサージをすることも効果がありますが、深部の筋肉や複雑な動きをする筋肉に刺激を与えるなら鍼灸治療が効果的です。


麻痺の状態別の鍼灸治療

・全体に麻痺が残る場合

病院での治療後に全体に麻痺が残る場合は他の原因を考える必要があります。
それは神経の炎症によっておきた他の障害によって麻痺が起きている可能性があるということです。
神経の通り道は多くの場合は骨です。中には筋肉の間を通る道も存在します。顔面神経は耳の下から枝分かれしますが、頬骨あたりの筋肉の間を縫うように走行しています。
慢性的な鼻炎や食いしばり等で筋肉の緊張や炎症が強い場合でも顔面神経が圧迫されて麻痺症状がでます。
こういった筋肉の炎症に対しては病院でも検査で見つけることができないので見落とされることがあります。


・部分的に麻痺が残る場合

部分的な麻痺は神経の幹の部分ではなく枝のところの問題が隠れています。筋肉を動かす神経は筋肉の端のほうにつきます。接合部分に炎症が残っている場合は部分的な麻痺になります。もしくは、治療中に動かなくなった筋肉や神経の硬直が残った可能性があります。
投薬での治療期間が長かったり、ある程度回復したので自然回復を待っていたりすると、筋肉と神経の結合は時間とともに接続を弱めてしまい動かすことができなくなります。


・動かしにくい場合

筋肉は1つ1つがバラバラに動いているわけではなく、大きな筋肉を支えるようにして小さな筋肉や他の筋肉が力の土台となって動きを作っています。
麻痺によって連動性が失われると動かしにくさが生まれてしまいます。顔の動きは顔だけで成立しません。
咽や胸、背中いろんな筋肉が使われて表情を作っています。
関係ない筋肉の影響で動かしにくさが出ることがあります。
全体の動きを見て負担になっている箇所を見つける必要があります。

・違和感が残る場合

違和感は皮膚の歪みやつっぱりで起きます。皮膚の緊張に顔面神経は関与しません。皮膚は自律神経の影響を受けるので、顔面部の交感神経が興奮していると皮膚はつっぱります。
咽や鼻、眼精疲労、などの顔面部の炎症が考えられ、顔面神経麻痺になる方の多くが顔のどこかに炎症が起きている場合がほとんどです。
そこを解決しないと違和感はいつまでも残ってしまいます。


自然回復よりも体質改善

顔面神経麻痺では自然回復することが多いことも事実です。
ただ、自然回復しない場合もあります。どちらのリスクを考えるべきか。自然回復を待って筋肉が硬直し神経の接続が失われてしまっては自然な動きを取り戻すことができなくなります。そうなってしまわないように積極的な治療をおすすめします。
もちろん、3か月以上経過した場合でも筋肉や神経の復活は可能です。その場合は適切な刺激をすることで脳に筋肉の動きを送るところから始まります。

そして知られていないことですが、顔面神経麻痺は再発します。神経にウィルスが感染するとヘルペスウィルスのように潜伏するからです。また何かのきっかけで再発することは珍しいことではなく、2回目、3回目の方も中にはいます。再発するときは決まっています。それは体の免疫力が低下したときです。

全身の体質改善は麻痺を治すだけでなく、再発予防においても重要なこと。本当の卒業をするためにも一度当院にお任せ下さい。


効果を実感できる3つの特徴


その1 じっくりカウンセリング、しっかり説明

身体について不安な事、鍼灸についてわからないこと、聞きたいことはいっぱいあるのに… 時間がなかったりと気を使ってしまい聞けない事があります。
当院ではカウンセリングの時間を準備していますので、何でもご相談できます。
さらに、症状の事やこれからの施術についてご理解頂けるまで、簡単な言葉でしっかり説明します。

その2 小さな刺激で身体を変化させる

鍼やお灸の刺激は小さくても身体はしっかりと良い方向に変化します。
施術がストレスにならないように「小さな刺激で最大の効果」を第一に考えていますので ご安心ください。強い刺激だからといって早く治るわけではありません。当院は必要な場所に最低限の刺激で効果を出すことを第一に考えています。

その3 不調を身体全体で診る

悪い所だけを診ていては結果は今までと変わりません。身体は自律神経や筋膜などにより、関係ないと思われる所に原因があることがあります。
頭のてっぺんから足の先まで全体を診て施術を組み立てていきますので、他とは違う結果が期待できます。

当院の顔面神経麻痺の鍼灸とは

当院の顔面神経麻痺 施術の流れ

身体の不調から関係の深い反応点(ツボ)をさぐります。細いはりで刺激し、個々の症状を軽減していきます。
顔面神経麻痺の場合は顎関節や首の筋肉に疲れが出ていないか確認します。
さらに温灸などで内臓の機能を高めます。血流に関連する内臓機能の働きが改善することで自己回復力を高めていきます。
自律神経の不調は皮膚や血管を硬くし表情を不自然にすることがあります。負担が大きいところ(顔面部)については発生を未然に防ぐために、ローラー鍼で丁寧に刺激します。

顔面神経麻痺施術の特徴

全身+局所の回復をしていくとともに、免疫のポイントを中心とした内臓の不調と顔面の筋肉の循環を回復し、違和感のない表情が作れることが目標です。 予防対策&早期回復として、ご自身で対処できるストレッチ&ローラー鍼を使ったケアを指導します。

【アクセス】 JR神戸線「六甲道駅」徒歩2分 阪急六甲駅 徒歩6分
【住所】神戸市灘区森後町3-1-5 ネオハイム六甲201号

【電話・ご予約・お問い合わせ】
078-857-8561
メールでの予約・お問い合わせはこちら
【診療時間・休診日】
月曜日〜金曜日
 午前診:10:00〜13:00
 午後診:15:00〜20:00
土曜日:9:00〜17:00、祝日:9:00〜13:00
休診日:日曜日※最終受付は1時間前まで

神戸の鍼灸
ミントはり灸院

鍼灸師の森本

神戸市灘区の鍼灸院|代表森本

プロフィールはこちら

鍼灸師の眞殿

神戸市灘区の鍼灸院|スタッフ眞殿

プロフィールはこちら

鍼灸師の岩橋

神戸市灘区の鍼灸院|スタッフ岩橋

プロフィールはこちら

診療時間

月曜日〜金曜日
10時〜13時,15時〜20時
土曜日
9時〜17時
祝日
9時〜13時
※最終受付は1時間前まで
休診日:日曜日
カレンダーまたはInfomation
をご確認下さい。

カレンダー

緑色休診日です。

所在地

兵庫県神戸市灘区
森後町3-1-5
ネオハイム六甲201号

電話番号

078-857-8561

代表者

森本 賢司

アクセス

JR神戸線 六甲道駅より
北へ徒歩2分
阪急六甲駅より南へ8分

大きい地図はこちら

院内のようす

神戸市灘区の鍼灸院|待合室
静かで落ち着いた空間です。

お知らせ

2015/12/30
年末年始について
12月30日〜1月3日までお休みとなります。よろしくお願いします。


2015/12/1
鍼灸師を募集しています。詳しくはこちらから。


2009/7/1
神戸の鍼灸院が灘区にオープン!!