ミントはり灸院が発信している記事の月別記事一覧です。

神戸の鍼灸「ミントはり灸院」のサイトを初めてご覧になる方へ

記事一覧

  • 2020年4月30日

    肩が痛いけど、見るべきポイントは背中

    肩が痛いときは背中をみるのがポイント 五十肩は肩の関節に炎症が起きて痛む症状です。どうしても肩ばかりに目が行きがちなのですが、ポイントは背中にあります。 背中は、肩関節・肘関節・手の関節を動かす起点となっています。肩関節を動かすとき、まず始めに肩甲骨が動きます。肩甲骨は背中側にあります。 つまり肩を動かすには、肩甲骨とその周りの筋肉が非常に大きく関わっているのです。 3つの筋肉をストレッチをするだ…

    続きを見る>>

  • 可動域の制限を取り除くことが回復にむけての第一歩

    五十肩は動かして大丈夫? かつて「五十肩はバットを振り回して治す」なんて言われていたときがありました。現在「五十肩はむやみやたらに動かしてはいけない」と多くの医師は言います。 無理に動かすことで、さらに炎症が増してしまうと考えられています。でも実は、動かさないようにすることで緊張する部位もあるのです。 筋肉の緊張は痛みを引き起こします。動かさないせいで反対に痛みが増してしまうのです。しかも、動かし…

    続きを見る>>

  • 夜間痛が発生するのは何故か?

    五十肩とは 五十肩とは肩関節周りの炎症のことを言います。肩を動かしたときに、関節周りに痛みが生じます。中年以降に発症し、40代の人は「四十肩」、50代の人は「五十肩」と呼ばれています。 男性よりも女性の方がかかりやすく、特に糖尿病を患っている人は五十肩になりやすいというデータがあります。 怪我をしたことがきっかけで起こるというものではなく、徐々に、もしくは急に痛みが起きます。数ヶ月や数年単位で悩む…

    続きを見る>>

  • 逆流性食道炎と動悸はなぜ起こるのか?

    逆流性食道炎で動悸が起きる? 逆流性食道炎は時に、動悸を引き起こします。 動悸とは心臓の動きが速まったり、鼓動のリズムが乱れる、ドクンドクンと大きく心臓が動いているのが分かる状態です。息苦しさやめまい、震え、発汗を伴うことがあります。 心臓の動きが一時的に悪くなることで、全身に血液が行き渡らず、酸素不足になります。その酸素不足を改善するために心臓がバクバクと激しく動きます。 動悸の原因が直接的に心…

    続きを見る>>

  • 2020年4月29日

    ピロリ菌を除去しても胸やけが続くのはなぜか?

    ピロリ菌とは? ピロリ菌とは、人の胃粘膜に定着する菌のことを言います。特に50代以上の人に多いとされていて、約6000万人の人の胃に定着しているそうです。 誰しもが50代以上になると感染するのではなく、感染するのは子供のとき(5~6歳まで)と言われています。現在50代以上の人たちが子供のとき、現代ほど水の環境が良くありませんでした。 特に、井戸から水を汲んでいた家庭が多かったことと関係しています。…

    続きを見る>>