どんどん胃薬が効かなくなり、胸やけが続く逆流性食道炎には自律神経の改善が必要です。

このようなことでお悩みではありませんか?

  • 食事のたびに胃薬が手放せないのが嫌
  • 美味しもの食べたくても食後が怖い
  • 胸のあたりが焼けるように痛くてつらい
  • 病院で薬をもらったが改善しない
  • 口臭も気になってきた。

逆流性食道炎とは

逆流性食道炎は胃酸の過剰な分泌によって、胃の入り口を逆流し食道から口腔にいたるまで登ります。
酸性度の高い胃酸によって内側の粘膜を痛めてしまい、胸やけなどを感じます。近年増加傾向にあり、食の欧米化が原因だと言われています。


進行すると胃がんのリスク!だけじゃない

胃酸によって最小に痛めてしまうのが胃の入り口です。最初は傷ができて修復を繰り返すだけですが、そのうち白くなり、さらにびらん状にその形態を変えていきます。
傷の修復の過程でポリープなどの腫瘍が形成されます。
場合によって悪性腫瘍となり胃がんになるリスクが高まります。 胃がんも怖いですが、逆流性食道炎の影響はそれだけではありません。
それ以外の症状として一般的なのは「呑酸」が胃酸によって酸っぱさを感じることですが独特の口臭になることもあります。
他にも咳や口内炎、声の枯れなどの症状を起こすこともあります。胃がんはもちろん怖いですが、口臭や口内炎については生活上のストレスとなります。


食事によって発生するのか?

主な治療法としては、胃酸を抑える薬の処方と食事改善です。増えている胃酸を抑えたり、胃の粘膜を保護する粘液量を増やすことで症状を抑えていきます。
同時に食事による胃への刺激を抑える目的で刺激物を抑えたり、胃粘膜に負担のない食事を勧めることがあります。
ただ、どれも胃酸が増えている原因に対する治療ではありません。これまでの食生活が胃酸を増やす理由にはなっていないはずだからです。

リラックしても逆流性食道炎は治らない

胃の働きは自律神経によってコントロールされています。
交感神経が有意になると胃酸は減り、副交感神経が有意になると胃酸は増えます。交感神経といえばストレス、副交感神経といえばリラックスという一般的な説明が多いですが、決してそんなことはありません。
生体と内臓の局所の状態を逐一判断し、内臓を動かす2つの神経がバランスを保ちながら胃の働きを調整しています。
胃の不調はストレスが原因と言うのは正しくはありません。
胃の働きにおいて考えなければならないのが「胃運動」です。お腹が空くとぐーっと鳴るときに胃は小さくなりますが、食事後になると胃は激しく動くことで消化を促します。
何も食べていない時も細かく動いています。逆流性食道炎に悩む方の多くは胃の動きが少なくなっています。
胃運動も自律神経によって調整されますが、胃酸よりも複雑でパチパチと自律神経のスイッチをこまめに切り替えています。
こういった胃の働きから、「ストレス」や「食事」が問題ではないということです。

あなたの逆流性食道炎が治りにくいのは

これまでの説明より、逆流性食道炎の本当の原因について解説しました。 病院にいってもなかなか治らない理由は

1:自律神経の不調が起きているから

2:自律神経の不調を起こしている別の原因が隠れているから


この2点によって胃運動が少なくなっていることが考えられます。 病院の投薬や食事制限では上記の問題は解決できません。
体内部のストレスを見つけることが難治性の逆流性食道炎を解決する上でのキーポイントになります。


当院の治療が逆流性食道炎に対して効果的なのは

当院は胃の不調を前提とせず、体全体で逆流性食道炎を判断するようにしています。
丁寧な触診をしていくと、隠れいている不調、自覚していない不調、わかっているけど関係ないと思っている不調を見つけることができます。そこから、体の構造や自律神経の影響を踏まえて本当の原因を判断します。
中には胃の不調なのに、顔に鍼をする患者さんも少なくありません。
食事のたびに、ちょっとストレスがかかるたびに胃薬が手放せない状況が続いている場合はいちど当院の鍼灸治療にお任せください。


効果を実感できる3つの特徴


その1 じっくりカウンセリング、しっかり説明

身体について不安な事、鍼灸についてわからないこと、聞きたいことはいっぱいあるのに… 時間がなかったりと気を使ってしまい聞けない事があります。
当院ではカウンセリングの時間を準備していますので、何でもご相談できます。
さらに、症状の事やこれからの施術についてご理解頂けるまで、簡単な言葉でしっかり説明します。

その2 小さな刺激で身体を変化させる

鍼やお灸の刺激は小さくても身体はしっかりと良い方向に変化します。
施術がストレスにならないように「小さな刺激で最大の効果」を第一に考えていますので ご安心ください。強い刺激だからといって早く治るわけではありません。

その3 不調を身体全体で診る

悪い所だけを診ていては結果は今までと変わりません。身体は自律神経や筋膜などにより、関係ないと思われる所に原因があることがあります。
頭のてっぺんから足の先まで全体を診て施術を組み立てていきますので、他とは違う結果が期待できます。

当院の逆流性食道炎の鍼灸とは

当院の逆流性食道炎 施術の流れ

自律神経系と関係の深い反応点(ツボ)をさぐります。細いはりで刺激し、個々の症状を軽減していきます。 さらに温灸などで内臓の機能を高めます。筋肉の自己回復力を高めていきます。
自律神経の不調は皮膚の歪みを増悪することがあるので、負担が大きいところ(顔面部)については発生を未然に防ぐために、ローラー鍼で丁寧に刺激します。

逆流性食道炎 施術の特徴

全身+局所の回復をしていくとともに、いたみのポイントを中心とした皮膚の歪みと筋肉の弾力性を回復し、症状が発生しない身体をつくることが目標です。
予防対策&早期回復として、ご自身で対処できるストレッチ&ローラー鍼を使ったケアを指導します。


【アクセス】 JR神戸線「六甲道駅」徒歩2分 阪急六甲駅 徒歩6分
【住所】神戸市灘区森後町3-1-5 ネオハイム六甲201号

【電話・ご予約・お問い合わせ】
078-857-8561
メールでの予約・お問い合わせはこちら
【診療時間・休診日】
月曜日〜金曜日
 午前診:10:00〜13:00
 午後診:15:00〜20:00
土曜日:9:00〜17:00、祝日:9:00〜13:00
休診日:日曜日※最終受付は1時間前まで

神戸の鍼灸
ミントはり灸院

鍼灸師の森本

神戸市灘区の鍼灸院|代表森本

プロフィールはこちら

鍼灸師の眞殿

神戸市灘区の鍼灸院|スタッフ眞殿

プロフィールはこちら

鍼灸師の岩橋

神戸市灘区の鍼灸院|スタッフ岩橋

プロフィールはこちら

診療時間

月曜日〜金曜日
10時〜13時,15時〜20時
土曜日
9時〜17時
祝日
9時〜13時
※最終受付は1時間前まで
休診日:日曜日
カレンダーまたはInfomation
をご確認下さい。

カレンダー

緑色休診日です。

所在地

兵庫県神戸市灘区
森後町3-1-5
ネオハイム六甲201号

電話番号

078-857-8561

代表者

森本 賢司

アクセス

JR神戸線 六甲道駅より
北へ徒歩2分
阪急六甲駅より南へ8分

大きい地図はこちら

院内のようす

神戸市灘区の鍼灸院|待合室
静かで落ち着いた空間です。

お知らせ

2015/12/30
年末年始について
12月30日〜1月3日までお休みとなります。よろしくお願いします。


2015/12/1
鍼灸師を募集しています。詳しくはこちらから。


2009/7/1
神戸の鍼灸院が灘区にオープン!!