神戸の鍼灸「ミントはり灸院」は灘区,東灘区,六甲道の近くにある鍼灸院です。

神戸の鍼灸「ミントはり灸院」のサイトを初めてご覧になる方へ

子どもの悩み

■症例1 おねしょを治したい8才女児

画像

患者

8才 女児

来院

201X 年8月

症状

子どもの頃からほとんど毎日おねしょをしてしまう。
寝る前にトイレに行き、家族が早朝に確認するときはぐっすり眠っており、
尿も出ていない。
しかし本人が起床したときに出ていることが多い。
寝るときオムツをして、防水シーツもしていても
間に合わないほど大量の尿が出ていることもある。

2ヶ月前から大病院の泌尿器科で薬をもらって
服用しているがまだ効果が感じられない。

家族や本人は深くは気にしていないようだが
心配した祖母が神戸に滞在の折、孫である患者を連れて当院に来院した。

治療内容と経過

腹部の触診では腹筋の緊張が目立ち、
膀胱の反応の皮膚領域と他の臓器の境界がわからないほどだった。

また胃、肝臓、大腸、鼻、内耳にも反応が出ていた。
ローラー鍼で腹部の皮膚に刺激を加え、反応をとった。
また鼻、耳にも同様にローラー鍼で刺激を加えた。

座位にて首、背部の反応をローラー鍼で刺激し、初回の治療を終了した。

初めてのローラー鍼にくすぐったがり、
祖母に怒られる場面もあった。
セルフケアのポイントを伝え、ローラー鍼を購入し
自宅でも続けることにした。


以下、祖母の記録

治療翌日 ◎(おもらしなし)
+1日  ×シーツまで濡れていた。

+3~5日 ◎
+6日   × 午前3時ごろ祖母を起こし、中量の尿が出ていた。 
+7日   △ 起床後トイレに行くまでに少量の尿が出た。

毎日ローラー鍼を下腹部、鼻、耳にしていた。


2回目の治療も1回目と反応の大きな変化はなかったが、
腹筋の緊張は初回と比べると軽減していた。
初回と同様にローラー鍼を用いて膀胱を中心に刺激を加えた。
自宅に帰宅のため終了した。

同時に治療した症状

なし

考察

滞在期間が短く、治療が2回しかできなかったが
祖母のローラー鍼と記録の協力もあり、経過を知ることができた。

膀胱の粘膜に炎症があると、過敏になる。その結果トイレが近くなったり、
夜間で小児の場合おねしょの原因になる。

患者の長年のおもらしは微細な慢性炎症が
何年も続いた状態であり、
睡眠中にも反射性に膀胱を収縮させていたことが
原因と思われる。

膀胱の弱さが腹筋の筋緊張を引き起こしていた。

祖母宅で継続的にローラー鍼をしていたおかげもあり
腹筋の緊張は2回目でも変化を感じることができた。
膀胱は引き続きの「自宅へ帰ってもローラー鍼を続けてね」と
約束し治療を終了した。

同じ病名や症状であっても効果には個人差があります。また、このページの症例は当院の経験であり、鍼灸の一般的な効果を意味するものではありません。

※土曜日の診療時間は9時から17時まで
※祝日の診療時間は9時から13時まで
※日曜日は休診日
※受付時間は診療時間の1時間前までとなっております。