ミントはり灸院・手作りファブリックボードでおしゃれな空間

サイトマップ

豊富な治療実績を誇る鍼灸専門院

特徴

住所兵庫県神戸市灘区森後町3-1-5 ネオハイム六甲201号

アクセスJR神戸線「六甲道駅」 徒歩2分 / 阪急六甲駅 徒歩6分

お電話によるご予約・ご相談は

完全予約制

診療時間休診日:日曜日
平日:AM:10:00~13:00 / PM15:00~20:00
土曜:9:00~17:00 / 祝日:9:00~13:00

※最終受付:1時間前

神戸の鍼灸院は灘区,東灘区,六甲道の近くの鍼灸院にお任せ下さい。

めまい,耳鳴り,難聴,不妊,自律神経失調,頭痛,頻尿,アトピーなどご相談下さい。

2014年3月5日

手作りファブリックボードでおしゃれな空間

カテゴリ:その他(よもやま話)

院内のベッドを出て正面にある大きな壁
真っ白で普段は何も気にならないのですが。
院長が「何かを飾ろう!」と言い。1週間程検討した結果、ファブリックボードになりました。
カーテンとかで使う生地を気の枠に貼り付けて、壁などに飾るインテリアです。
北欧では一般的なようで、最近は日本でも人気なんだそうです。
何を飾るかが決まり、ネットショップで物色してみると、これが思った以上に高い…
60センチ×60センチのサイズで1万円近くします。
物によっては安いのですが、どうやら生地が有名どころになると高いようです。
3個は飾りたいと考えていたので、痛い出費になるなぁと画面を見ていたら、「自分たちで作ろう!」と院長。
ということでファブリックボードDIY作戦スタート!!
生地だけはちゃんとしたものを買いました。デザインは私が選びました。
問題は木枠になりますが、普通に買うと高いし、重たくて設置が大変です。そこで、代用品としてスタイロフォームという発泡スチロール状の断熱材で作ることにしました。軽くて安くて、加工もしやすいそうです。
早速、院長がコーナンに行って、購入。カットはお店の人にしてもらうと思ったら、カットサービスは木材だけだったそうで、コーナンで道具だけ借りて自分でカットしてきたそうです。
ここからは写真付きで説明します!

①生地を断熱材より四方それぞれ6cm大きくカット

②断熱材の2㎝内側に線を引きカッターで切り込みを入れる。
(カッターを使うのが苦手なので院長にやってもらいました)
生地を裏返しにして断熱材を乗せ、切り込みを入れた場所に硬いカードなどで生地を入れ込んでいきます。
しっかりと入れ込むと、シワが無くなって見栄えが良くなりますよ。

③壁に釘を打ち込む
硬くて高い場所だったので、これがけっこう大変
肩がこりました…

④そしてまっすぐになるようにいろんなものを使って測りながら(これまた一苦労でした!笑)
院長がiphone片手に水平をアプリで測ってました。
ようやく出来上がったファブリックボードを飾ると…
じゃーんっ!!!

真っ白だった壁が
こんなに華やかになりました( ^ ^ )/
このファブリックボード作り
思ったよりも簡単に楽しくできるのでハマっちゃいそうです(笑)
みなさんもやってみてください。
そして、来院された方は感想をお願いしまーす。
心も体も爽やかに
ミントはり灸院のHP|神戸の鍼灸
http://mint-acu.com/

LINEで送る
Pocket

院長のご紹介

院長

森本 賢司

神戸東洋医療学院卒業。反応点治療研究会所属。
2009年に神戸市灘区でミントはり灸院を開院。 数少ないスタッフを有する鍼灸専門院。
めまい、耳鳴り、自律神経失調症、不妊、緑内障、うつなどを得意とする。
>プロフィール詳細はこちら

アクセスマップ

ミントはり灸院

兵庫県神戸市灘区森後町3-1-5
ネオハイム六甲201号

・JR神戸線「六甲道駅」徒歩2分
・阪急六甲駅 徒歩6分


大きな地図で見る

ご予約・ご相談はこちら

24時間WEB予約