ミントはり灸院・咽が痛いのに首をストレッチ

サイトマップ

豊富な治療実績を誇る鍼灸専門院

特徴

住所兵庫県神戸市灘区森後町3-1-5 ネオハイム六甲201号

アクセスJR神戸線「六甲道駅」 徒歩2分 / 阪急六甲駅 徒歩6分

お電話によるご予約・ご相談は

完全予約制

診療時間休診日:日曜日
平日:AM:10:00~13:00 / PM15:00~20:00
土曜:9:00~17:00 / 祝日:9:00~13:00

※最終受付:1時間前

神戸の鍼灸院は灘区,東灘区,六甲道の近くの鍼灸院にお任せ下さい。

めまい,耳鳴り,難聴,不妊,自律神経失調,頭痛,頻尿,アトピーなどご相談下さい。

2013年11月20日

咽が痛いのに首をストレッチ

カテゴリ:その他(よもやま話)

今週に入ってから、マスクの人、咽を痛めて風邪をひいてしまった人、咳が止まらない人、一気に増えましたね。
院内もそんな患者さんが多くなっています。
スポーツのインストラクターをされている知人ですが。
その方も久しぶりに風邪をひいてしまったとのこと、熱は2~3日で引いたそうです。
でも、咽のイガイガした感じはまだあって、声も少し枯れていました。
座って話しをしていると、会話の合間に首のストレッチをしていました。
どうやら咽よりも首や肩のコリが気になるようです。
いつもは日頃から身体を動かしているので首や肩のコリは気にならないそうです。
やはり筋肉のコリや違和感は内臓からの影響が強いなと改めて感じました。
巷では、姿勢やゆがみといった理由で首や肩がつらくなると言いますが、風邪をひいたら骨がゆがむのか?
しっかりと解剖や生理にそった身体の働きで考えると、咽の炎症が首や肩の筋肉に反射という影響を起こしています。
反射は例えば、熱い物を触った時に無意識に手を引っ込めますよね、あれです。
今回の反射も無意識に筋肉を硬くしていくので四六時中つらさがあります。何度も筋肉をストレッチしても、すぐに硬くなる。
治療すべきポイントは反射の出発点である咽にあるわけです。
首がつらい人はまずはうがいをしましょう。
心も体も爽やかに
ミントはり灸院のHP|神戸の鍼灸
http://mint-acu.com/

LINEで送る
Pocket

院長のご紹介

院長

森本 賢司

神戸東洋医療学院卒業。反応点治療研究会所属。
2009年に神戸市灘区でミントはり灸院を開院。 数少ないスタッフを有する鍼灸専門院。
めまい、耳鳴り、自律神経失調症、不妊、緑内障、うつなどを得意とする。
>プロフィール詳細はこちら

アクセスマップ

ミントはり灸院

兵庫県神戸市灘区森後町3-1-5
ネオハイム六甲201号

・JR神戸線「六甲道駅」徒歩2分
・阪急六甲駅 徒歩6分


大きな地図で見る

ご予約・ご相談はこちら

24時間WEB予約