ミントはり灸院・なぜ別腹は存在するのか

サイトマップ

豊富な治療実績を誇る鍼灸専門院

特徴

住所兵庫県神戸市灘区森後町3-1-5 ネオハイム六甲201号

アクセスJR神戸線「六甲道駅」 徒歩2分 / 阪急六甲駅 徒歩6分

お電話によるご予約・ご相談は

完全予約制

診療時間休診日:日曜日
平日:AM:10:00~13:00 / PM15:00~20:00
土曜:9:00~17:00 / 祝日:9:00~13:00

※最終受付:1時間前

神戸の鍼灸院は灘区,東灘区,六甲道の近くの鍼灸院にお任せ下さい。

めまい,耳鳴り,難聴,不妊,自律神経失調,頭痛,頻尿,アトピーなどご相談下さい。

2013年2月23日

なぜ別腹は存在するのか

カテゴリ:その他(よもやま話)

たらふく鍋を食べた後のしめのうどん、雑炊、美味しいですよね~。
焼肉をしこたま食べた後の、お口なおしのシャーベット!たまらん!
どんだけ食べても、最後の甘い物は別腹と言われますが、実際に胃が複数あるわけではありません。
では、どうして甘い物は満腹の胃に入るのでしょう?
甘い物=糖質です。そして、ごはんやうどんも糖質ですね。
この糖質は脳にとって必要な栄養素で、身体に糖質を脂肪に変換して蓄えることができます。
さらに糖質を取ることによる血糖値の上昇というのは、脳からβエンドロフィンが分泌されます。
このβエンドロフィンは快楽物質と言われ、麻薬的な作用があります。
なので、脳は糖分を見るやβエンドロフィンを放出することで、どんどん摂取させようとするわけですね。
脳は胃や腸から満腹のサインが出ていても、糖質を見るやβエンドロフィンの快楽を思い出させ、別腹行動の命令を出すわけですね。
なので、糖質は肉などよりも嗜好性や習慣性が非常に強く。さらに体重増加の原因となるわけです。
別腹は危険ですよー。
心も体も爽やかに
ミントはり灸院のHP|神戸の鍼灸
http://mint-acu.com/

LINEで送る
Pocket

院長のご紹介

院長

森本 賢司

神戸東洋医療学院卒業。反応点治療研究会所属。
2009年に神戸市灘区でミントはり灸院を開院。 数少ないスタッフを有する鍼灸専門院。
めまい、耳鳴り、自律神経失調症、不妊、緑内障、うつなどを得意とする。
>プロフィール詳細はこちら

アクセスマップ

ミントはり灸院

兵庫県神戸市灘区森後町3-1-5
ネオハイム六甲201号

・JR神戸線「六甲道駅」徒歩2分
・阪急六甲駅 徒歩6分


大きな地図で見る

ご予約・ご相談はこちら

24時間WEB予約