ミントはり灸院・肝臓を元気にしてコレステロールを摂取しよう

サイトマップ

豊富な治療実績を誇る鍼灸専門院

特徴

住所兵庫県神戸市灘区森後町3-1-5 ネオハイム六甲201号

アクセスJR神戸線「六甲道駅」 徒歩2分 / 阪急六甲駅 徒歩6分

お電話によるご予約・ご相談は

完全予約制

診療時間休診日:日曜日
平日:AM:10:00~13:00 / PM15:00~20:00
土曜:9:00~17:00 / 祝日:9:00~13:00

※最終受付:1時間前

神戸の鍼灸院は灘区,東灘区,六甲道の近くの鍼灸院にお任せ下さい。

めまい,耳鳴り,難聴,不妊,自律神経失調,頭痛,頻尿,アトピーなどご相談下さい。

2012年9月14日

肝臓を元気にしてコレステロールを摂取しよう

カテゴリ:その他(よもやま話)

急に空が暗くなると「ゲリラ豪雨か!」と当たり前のように思うようになりました。
なぜなら週末、被害をこうむったから・・・
「コレステロール」て聞くとどんなイメージを持ちますか?
・肥満の温床
・血圧を上げるやつ
・動脈硬化を起こす悪者
・いつも気にしてます!
・健康食品のCMで良く聞きます!
可哀そうなくらい、悪者扱いされているコレステロール。
実は身体には必須の栄養素なんですよ。
・細胞の膜を作って、癌を予防
・女性、男性ホルモンの原料
・老化を防ぐ
・脳の働きを正常にさせる「セロトニン」の材料
・胃腸を元気にする働き
などなど。
悪者どころか、健康を保つために必要で、実は動脈硬化を防ぐ役割もあります。
そんなことが最近知れ渡ってきたので、善玉、悪玉なんて分けて表現していますが、これは正しくありません。
LDLが悪玉と言われますが、LDLだけが原因で血管を狭くさせることはありません。活性酸素やストレス等でLDLが酸化してしまうと、血管の壁にアテロームというものが出来上がってしまいます。
HDLやLDLとは体内にコレステロールを送り込む時の運搬役で、LDLは肝臓から全身へ新しいコレステロールを運び、HDLは全身から肝臓へと古いコレステロールを回収しているわけです。
コレステロールは1日当たり約140g作られています。しかし一般的な摂取量は約10g~40gほど。足りない量は肝臓によって生成されています。(なので、食事をコントロールするなんてナンセンス)
※高脂血症のように、コレステロールを作り過ぎる病気もあるので、この場合は制限が必要となります。
「肝臓」の役割はとても大きいわけですね。

上記の項目の80%を担っているわけですから。
まずは、しっかり肝臓を元気に、そして、お野菜も大切ですが、もっと大事なのはコレステロールの豊富なお肉や卵をしっかり食べましょう。
心も体も爽やかに
ミントはり灸院のHP|神戸の鍼灸
http://mint-acu.com/

LINEで送る
Pocket

院長のご紹介

院長

森本 賢司

神戸東洋医療学院卒業。反応点治療研究会所属。
2009年に神戸市灘区でミントはり灸院を開院。 数少ないスタッフを有する鍼灸専門院。
めまい、耳鳴り、自律神経失調症、不妊、緑内障、うつなどを得意とする。
>プロフィール詳細はこちら

アクセスマップ

ミントはり灸院

兵庫県神戸市灘区森後町3-1-5
ネオハイム六甲201号

・JR神戸線「六甲道駅」徒歩2分
・阪急六甲駅 徒歩6分


大きな地図で見る

ご予約・ご相談はこちら

24時間WEB予約