ミントはり灸院・納得いく結果と受ける印象

サイトマップ

豊富な治療実績を誇る鍼灸専門院

特徴

住所兵庫県神戸市灘区森後町3-1-5 ネオハイム六甲201号

アクセスJR神戸線「六甲道駅」 徒歩2分 / 阪急六甲駅 徒歩6分

お電話によるご予約・ご相談は

完全予約制

診療時間休診日:日曜日
平日:AM:10:00~13:00 / PM15:00~20:00
土曜:9:00~17:00 / 祝日:9:00~13:00

※最終受付:1時間前

神戸の鍼灸院は灘区,東灘区,六甲道の近くの鍼灸院にお任せ下さい。

めまい,耳鳴り,難聴,不妊,自律神経失調,頭痛,頻尿,アトピーなどご相談下さい。

2012年8月7日

納得いく結果と受ける印象

カテゴリ:その他(よもやま話)

またまたオリンピックですが。
後半戦に入って思うことは
「今回のオリンピックはおもしろい!」
「なんだか清々しい!」
なんて感じます。だから毎日見てたりするのかな。
こう思わせている原因はなんだろうと考えると、選手の声にあると思う。
「後悔はありません」「楽しめました」「いろんな人たちに感謝したい」
など、なんだか晴れやかな顔をした選手が多いように思えます。
見てる側、応援している側は結果を求めちゃいますが、選手が出しきったのであればその結果も納得できる。
確かにメダルは取ってほしい、銅や銀よりも金がいいですが。
4年に一度の大舞台で、どんな成績でも笑顔で終えてくれた方がもっと嬉しい。
たとえ良い結果でも「悔しいです!」といってしかめっ面の選手を見ると「あっそうなん」とこちらもテンションが下がってしまう。
何回か前のオリンピックはそんな選手ばかりだった気がする、金じゃなきゃ意味がないとか。
確かにそれぐらいの気持ちがないといけないと言われれば、そうかもしれないけど・・・
その当時と今で、結果に大きな差があるかと思えばそれほど違いはないと思う。
どんな結果でも笑顔でいてくれたほうが、見てる方や未来の選手たちにも「オリンピックの楽しさ」は伝わるはず。
出しきった顔をした選手は金メダルと同じくらい輝いている!
心も体も爽やかに
ミントはり灸院のHP|神戸の鍼灸
http://mint-acu.com/

LINEで送る
Pocket

院長のご紹介

院長

森本 賢司

神戸東洋医療学院卒業。反応点治療研究会所属。
2009年に神戸市灘区でミントはり灸院を開院。 数少ないスタッフを有する鍼灸専門院。
めまい、耳鳴り、自律神経失調症、不妊、緑内障、うつなどを得意とする。
>プロフィール詳細はこちら

アクセスマップ

ミントはり灸院

兵庫県神戸市灘区森後町3-1-5
ネオハイム六甲201号

・JR神戸線「六甲道駅」徒歩2分
・阪急六甲駅 徒歩6分


大きな地図で見る

ご予約・ご相談はこちら

24時間WEB予約