ミントはり灸院・読書感想文「ナラティヴ・時間・コミュニケーション」

サイトマップ

豊富な治療実績を誇る鍼灸専門院

特徴

住所兵庫県神戸市灘区森後町3-1-5 ネオハイム六甲201号

アクセスJR神戸線「六甲道駅」 徒歩2分 / 阪急六甲駅 徒歩6分

お電話によるご予約・ご相談は

完全予約制

診療時間休診日:日曜日
平日:AM:10:00~13:00 / PM15:00~20:00
土曜:9:00~17:00 / 祝日:9:00~13:00

※最終受付:1時間前

神戸の鍼灸院は灘区,東灘区,六甲道の近くの鍼灸院にお任せ下さい。

めまい,耳鳴り,難聴,不妊,自律神経失調,頭痛,頻尿,アトピーなどご相談下さい。

2011年2月1日

読書感想文「ナラティヴ・時間・コミュニケーション」

カテゴリ:その他(よもやま話)

久しぶりの読書感想文です。
今回のお題は
「ナラティヴ・時間・コミュニケーション 野村 直樹 (著) 」 
鍼灸の先輩が以前から薦めて頂いていたのを
やっと最近になって購入し読む事ができました。
内容は、野村先生が講義されているのをそのまま本にした感じで
語られるように話しが進んでいきます。
文化人類学で考えるコミュニケーションとは。
そして、複数の系列を持つ時間に対する考え方など
理系出身者として驚きの視点ばかりで154ページの本ですが
読み終わるのにとても時間が掛かりました。
近年、精神疾患の要望が増えてくる中で
今までのような、科学的実証主義のエビデンスベイスド医学では限界を感じ、その対抗としてナラティブベイスド医学が注目を集めています。
ナラティブ医療とは。
ナラティブというその人(患者)が語る物語を治療者が聞き、そこから新たな物語を創造したり、新たな物語や今までの物語を別に解釈させることで、問題を問題でないようにしてしまう。
という考え方です。(分かり難い説明ですみません)
すでにナラティブ医療に関する本は多くあるようです。
ですが、その基礎概念を知っておくと理解が早いと思います。
そういった意味ではこの本は読んでおくべきだと感じました。
心も体も爽やかに
ミントはり灸院のHP|神戸の鍼灸
http://mint-acu.com/

LINEで送る
Pocket

院長のご紹介

院長

森本 賢司

神戸東洋医療学院卒業。反応点治療研究会所属。
2009年に神戸市灘区でミントはり灸院を開院。 数少ないスタッフを有する鍼灸専門院。
めまい、耳鳴り、自律神経失調症、不妊、緑内障、うつなどを得意とする。
>プロフィール詳細はこちら

アクセスマップ

ミントはり灸院

兵庫県神戸市灘区森後町3-1-5
ネオハイム六甲201号

・JR神戸線「六甲道駅」徒歩2分
・阪急六甲駅 徒歩6分


大きな地図で見る

ご予約・ご相談はこちら

24時間WEB予約