ミントはり灸院・ニャニャーニャ現象

サイトマップ

豊富な治療実績を誇る鍼灸専門院

特徴

住所兵庫県神戸市灘区森後町3-1-5 ネオハイム六甲201号

アクセスJR神戸線「六甲道駅」 徒歩2分 / 阪急六甲駅 徒歩6分

お電話によるご予約・ご相談は

完全予約制

診療時間休診日:日曜日
平日:AM:10:00~13:00 / PM15:00~20:00
土曜:9:00~17:00 / 祝日:9:00~13:00

※最終受付:1時間前

神戸の鍼灸院は灘区,東灘区,六甲道の近くの鍼灸院にお任せ下さい。

めまい,耳鳴り,難聴,不妊,自律神経失調,頭痛,頻尿,アトピーなどご相談下さい。

2010年8月19日

ニャニャーニャ現象

カテゴリ:その他(よもやま話)

決して、声帯がおかしくなって猫みたいな声しか出ない病気ではございません…
舌足らずな私が、この猛暑の原因となっている
「ラニャーニャ現象」を言ってみると
3回に1回はこんな感じになってしまいます。
かつて、アウトドア少年だったので
天気や気象についてはやや詳しいです。
では、ニャニャーニャいや!ラニャーニャ現象とは
ペルー沖の海水温が低下することで、アジア周辺の沖の
海水温が上昇します。そして、太平洋側の気温が上昇します。
日本にもたらす影響としては
空梅雨、猛暑、寒冬なんだそうです。
気象庁のHPによると、現在もラニャーニャ現象は起きており
その影響で秋雨は短くなり。夏⇒冬という急激な変化になることが予想されています。
海の温度は対流しているので、年々変わっていくので
実際にニャニャーニャ現象は2年に1度の間隔で発生しているそうです。
これが、全ての異常気象の原因云々というわけではありません。
ラニャーニャによる影響は東南アジアでの豪雨が異常気象として現れます。
ちなみに、エルニーニョはスペイン語で男の子を意味するそうです。
なので、気象的に反対の現象を示すラニャーニャはスペイン語で女の子なんだそうですよ。
雑学ですね~。
(モリモト)
心も体も爽やかに
ミントはり灸院のHP|神戸の鍼灸
http://mint-acu.com/

LINEで送る
Pocket

院長のご紹介

院長

森本 賢司

神戸東洋医療学院卒業。反応点治療研究会所属。
2009年に神戸市灘区でミントはり灸院を開院。 数少ないスタッフを有する鍼灸専門院。
めまい、耳鳴り、自律神経失調症、不妊、緑内障、うつなどを得意とする。
>プロフィール詳細はこちら

アクセスマップ

ミントはり灸院

兵庫県神戸市灘区森後町3-1-5
ネオハイム六甲201号

・JR神戸線「六甲道駅」徒歩2分
・阪急六甲駅 徒歩6分


大きな地図で見る

ご予約・ご相談はこちら

24時間WEB予約